「日局クレオソート」の版間の差分

(1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.4))
[[ブナ]]などを[[乾留]]させる(通常では[[木炭]]を作る)際に[[水蒸気]]とともに留出する油層(木タール、水を主成分とする上澄み液がいわゆる[[木酢液]])を蒸留して得られる、淡黄色透明で[[燻製]]のような臭いのある油状の液体で、代表的には[[止瀉薬]]である[[正露丸]]の有効成分として用いられている。
 
古くからクレオソートの名称で知られ、[[日本薬局方]]の初版から収載されていたが、第十五改正<ref>[http://jpdb.nihs.go.jp/jp15/YAKKYOKUHOU15.pdf 平成18年3月31日付け 厚生労働省告示第285号] {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20130119122135/http://jpdb.nihs.go.jp/jp15/YAKKYOKUHOU15.pdf |date=2013年1月19日 }}</ref>において、製法・成分の異なる石炭由来の[[クレオソート油]]<ref>[[多環芳香族炭化水素]]である[[ベンツピレン]]などの[[発癌性]]物質を含有する。</ref>と区別されたため、「日本薬局方」の略称「日局」をつけて呼ばれる。第十五改正第一追補<ref>平成19年9月28日付け 厚生労働省告示第316号</ref>より、'''木クレオソート'''を正式名称とし、クレオソートは別名となった。「木クレオソート」は、日本薬局方では2014年2月(第十六改正日本薬局方第二追補)から「医薬品各条 生薬等」に分類変更されている。また、医薬関係者に広く使用されている「OTC医薬品事典2018-19 第16版」(2018年4月発刊)でも「腸内殺菌成分」 ⇒「生薬成分」に変更されていたが、2019年6月施行の胃腸薬製造販売承認基準の変更(Ⅴ欄(止瀉剤) 1項:殺菌剤 ⇒ 5項:生薬へと変更)により、それらの整合性がとれることとなった。
 
このように名称が分けられた原因としては、過去のクレオソートに関する論争がある。[[#ジャーナリズムによる医用批判]]参照。
匿名利用者