「桜花 (航空機)」の版間の差分

出典つきで加筆
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(出典つきで加筆)
 
1945年[[3月21日]]、神雷部隊は第一回神雷桜花特別攻撃隊(第一神風桜花特別攻撃隊神雷部隊)を編成、沖縄を攻撃中の米機動部隊に向けて出撃させた<ref>『海軍神雷部隊』戦友会編p17</ref>{{#tag:ref|[[野中五郎]]少佐指揮による[[一式陸攻]]18機(うち隊長機3機は桜花未搭載)、桜花15機、護衛の[[零式艦上戦闘機|零戦]]55機の編成。|group="注釈"}}。
出撃から30分も経たない内に、23機の護衛戦闘機が故障等により帰還、野中隊に随伴してる戦闘機は神雷部隊の306飛行隊と307飛行隊の直援戦闘機19機と、[[岡嶋清熊]]少佐率いる203空戦闘303飛行隊の間接援護機11機の合計30機になってしまった<ref>菅原完『知られざる太平洋戦争秘話』p238</ref>。護衛戦闘機の離脱が相次いでる事、また、その後の索敵で、先に発見していた目標の機動部隊は3群に分れていた内の1群であり、3群合計で7隻以上の空母を発見、当初の見込みよりも遥かに戦力が大きい事も判明し<ref>中島正 猪口力平『神風特別攻撃隊の記録』P.146</ref>、一部の参謀から野中隊へ帰還命令を発するよう宇垣中将に進言があったが、宇垣中将は「神雷部隊は今や敵の目前に迫っている。すでに必殺必死を誓っている若い連中を呼び戻すに忍びない」と言ってこれを聞き入れなかった<ref>内藤初穂『極限の特攻機 桜花』中公文庫 P.159</ref><ref name="a">御田重宝『特攻』(講談社文庫、1991年) ISBN 4-06-185016-4 </ref>。
 
宇垣中将が本日の出撃にここまで拘った理由として、陣中日記「[[戦藻録]]」の記述によれば「18日来特攻兵力の使用の機を窺い続け、(中略)今にして機会を逃せば再び梓隊の遠征を余儀なくされ、しかも成功の算大ならず、如かず今神雷攻撃を行うにはと決意し、待機中の桜花隊に決行を命ず。」としており<ref>宇垣纏『戦藻録 後編』日本出版協同 P.196</ref>、先の3月11日に[[銀河 (航空機)|銀河]]24機にてアメリカ海軍前線基地[[ウルシー環礁]]への特攻攻撃を行い、1機しか命中できなかった神風特攻梓隊を例に出し、ここでアメリカ軍機動部隊の後退を見逃せば、成功率が低いウルシーへの再度の攻撃を余儀なくされると判断したためとしている<ref>加藤浩『神雷部隊始末記』P.216</ref>。野中隊は南下する途中で「敵発見」の打電をした偵察機[[彩雲 (航空機)|彩雲]]と高度差200mですれ違ったが、彩雲の偵察員馬渡武男兵曹は野中隊に「しっかりやってくれ」と祈る気持ちで手を振っている<ref>{{Harvnb|安部|本田|1990|p=180}}</ref>。
 
しかし、野中隊は進撃中に敵艦隊に[[レーダー]]で捕捉されてしまい、正規空母[[ホーネット (CV-12)|ホーネット]]と軽空母[[ベロー・ウッド (空母)|ベローウッド]]の迎撃戦闘機が野中隊を邀撃した<ref>菅原完『知られざる太平洋戦争秘話』p241</ref>。
ベローウッドの戦闘報告書によれば、スクランブル発進したベロー・ウッドの戦闘機隊VF30の[[F6F (航空機)|F6Fヘルキャット]]8機が、陸攻隊が高度13,000フィート、直掩の戦闘機10数機が14,000フィート、更に高高度援護の戦闘機10数機が16,000フィートの三層で飛行しているのを発見し、18,000フィートまで高度を上げ、攻撃のため急降下した<ref>菅原完『知られざる太平洋戦争秘話』P.240</ref>。
最初に攻撃されたのは神雷部隊306飛行隊と307飛行隊の直援戦闘機隊であり、この時点では直掩の零戦の機数が多かったが、この日に306飛行隊として出撃していた野口剛によれば、アメリカ軍の戦闘機隊から後方上空より不意に攻撃を仕掛けられ、次々と直掩の零戦が撃墜されていったとの事で、不利な状況で機数の優位性を発揮できなかった<ref>公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成24年5月 第91号 P.36</ref>。
 
VF30は援護の零戦を蹴散らすと陸攻隊に攻撃をしかけ、陸攻隊は[[チャフ]]を散布しながら退避行動を取ったが、初弾を逃れた高高度援護の岡嶋ら203空戦闘303が<ref>内藤初穂『極限の特攻機 桜花』中公文庫 P.161</ref>、陸攻隊を追撃していたVF30の飛行隊長D.A.クラーク少佐と列機のJ.G.ミラー少尉の2機に太陽を背にして攻撃してきた。たちまちクラークら2機のF6Fと203空戦闘303の11機の零戦の空戦となったが、わずか2機のF6Fに203空は手間取って足止めされて、他のベローウッドのF6Fが陸攻隊を攻撃するのを止めることができなかった<ref name="sugawara_242">菅原完『知られざる太平洋戦争秘話』P.242</ref>。戦闘303でこの日出撃した安部正治によれば、左前方から回り込んできたF6Fを迎撃するため、隊長の岡嶋らと[[増槽]]を切り離した直後に、左上方からほかのF6F隊に攻撃されたとのことで、レーダー管制により二段構えで待ち構えられていたと感じたという<ref>{{Harvnb|安部|本田|1990|p=181}}</ref>。その後は乱戦となり、岡嶋らとはぐれた安部は、一団で飛行していた戦闘303の零戦に次々と命中弾を与えていたF6Fに襲い掛かり、20㎜機銃と13㎜機銃を浴びせて、風防と左尾翼が吹っ飛んで墜落していくのを確認した<ref>{{Harvnb|安部|本田|1990|p=182}}</ref>。
 
VF30のクラーク少佐が機数では無勢ながら直掩の零戦を引き付け分断している間に、ホーネットの戦闘機隊VF17と戦闘爆撃機隊VBF17のF6F8機が到着した。最初の一撃で大きな損害を被っていた神雷部隊の直掩戦闘機隊は、常々「腕で神雷(桜花)を守れなかったら、身をもって護れ」と叩きこまれ、出撃時にも再度徹底されていたので<ref>公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成24年5月 第91号 P.32</ref>、引き続き陸攻隊を護衛していたが、ホーネット隊の到着を見て要撃のために散開してしまい、クラークらが203空を足止めしている間に追撃していたVF30のベレンド小隊の攻撃に対して、陸攻隊は全くの無防備となってしまった<ref name="sugawara_242">菅原完『知られざる太平洋戦争秘話』P.242</ref>。
零戦の援護がいなくなったのを認識した野中が作戦中止を命じたのか、陸攻隊は編隊を組んだまま急降下しつつ180°旋回し全速力で退避を始めた。一度は陸攻隊のもとを離れた神雷部隊の零戦隊もそれに続いたが、桜花を搭載して速度が著しく低下し、回避もままならない陸攻隊はベレンド小隊とホーネット隊の攻撃で次々と被弾し、これまで大事に抱えてきた桜花を投棄して回避しようとしたが果たせず、わずか15分の空戦で全滅した<ref>内藤初穂『極限の特攻機 桜花』中公文庫 P.162</ref>。
 
一方、ホーネットの戦闘報告書はベローウッドとは少し異なっており、ホーネットの戦闘機隊VF17と戦闘爆撃機隊VBF17の混成隊[[F6F (航空機)|F6Fヘルキャット]]8機は16,000〜18,000フィートを飛行する日本軍機に対し、事前に20,000フィート前後の有利な空域で待ち構え、急降下で陸攻を次々と攻撃、陸攻はなすすべなく次々と撃墜されていった。その後、陸攻隊は7,000〜8,000フィートまで高度を下げると、180°旋回して離脱を図ろうとしたが、その際もVF17とVBF17の攻撃が止む事はなかった。これまでにパーリス大尉が協同撃墜も含めて11機、ウィンフィールド中尉が5機、ミッチェル中尉が4機、ジョンソン中尉が3機の陸攻を撃墜したと主張している。護衛戦闘機隊に対しては誘導ミスで到着が遅れたベロー・ウッドの戦闘機隊VF30の[[F6F (航空機)|F6Fヘルキャット]]8機が向かい、その後に到着したホーネット隊の戦闘機隊VF10の[[F4U (航空機)|F4U コルセア]]8機も増援として加わり、戦力が充実したアメリカ軍戦闘機隊に対し、零戦隊も陸攻を援護できないまま損害を重ねていった<ref>加藤浩『神雷部隊始末記』P.212〜P.212</ref>。両空母で戦闘機隊の到着順番に多少違いはあるが、戦闘の経緯や結果はほぼ同じであり、日本軍側によればアメリカ軍戦闘機は50機以上との報告であったが、実際に空中戦に参加したアメリカ軍戦闘機は24機と、日本軍機の突破に備えて空母上空に待機していたホーネット隊の残りF6F8機の合計32機であった
 
日本軍側の戦闘303の安部によれば、上方から襲い掛かってきた敵戦闘機と戦っている間に陸攻隊は見えなくなってしまったが、ようやく、煙をひきながら垂直上昇中の1機を発見した。やがてその陸攻は半円を描いて墜落をはじめると、途中で炎のかたまりとなって洋上に四散したという。そののち15分ほど空戦上を必死になって駆け回ったが、敵味方とも発見することができず、やむなく単機で帰投しようと反転してしばらく飛んでいると、バラバラで戦っていた零戦隊が集結し、隊長の岡嶋らと合流できた<ref>{{Harvnb|安部|本田|1990|p=183}}</ref>。
両空母で戦闘機隊の到着順番に多少違いはあるが、戦闘の経緯や結果はほぼ同じであり、日本軍側によればアメリカ軍戦闘機は50機以上との報告であったが、実際に空中戦に参加したアメリカ軍戦闘機は24機と、日本軍機の突破に備えて空母上空に待機していたホーネット隊の残りF6F8機の合計32機であった。
 
空戦の結果、陸攻隊は18機全機撃墜され全滅、零戦隊は30機中10機が未帰還という結果に終わった。桜花隊は[[三橋謙太郎]]大尉ほか14名が未帰還となった。18機の母機が全機撃墜されるのにかかった時間はわずか15分から20分程度であった。この戦いで後ろを取られ、必死で機体を左右に滑らせて射線をかわすも、ついに被弾して火を噴き爆発、桜花を吊ったまま墜落する一式陸攻の姿を記録したF6Fのガンカメラ映像が残っている。
この戦闘で、攻撃711飛行隊:攻撃隊指揮官・野中五郎少佐ほか134名、戦闘306飛行隊:[[伊澤勇一]]大尉ほか6名、戦闘307飛行隊:[[漆山睦夫]]大尉ほか2名、も未帰還となった。出撃命令がなかったレーダー搭載型一式陸攻の電探員によれば、桜花1機が整備ミスで出撃できず、離陸直後に零戦2機が空中衝突したと言う。第一神雷部隊の陸攻隊は離陸後、攻撃隊内では意図をもって連絡を取っていた<ref>加藤浩『神雷部隊始末記』p209</ref>が、司令部には一本の電報もなく、司令部は帰還した戦闘機隊から直接報告を聞いて戦況を把握した。この日生還した零戦は、F6F1機を確実に撃墜した安部をはじめ、ほとんどの機が敵機撃墜を報告した<ref>{{Harvnb|安部|本田|1990|p=183}}</ref>
 
第七ニ一海軍航空隊の[[戦闘詳報]]には「神雷攻撃の戦機の得ざりしこと並びに直掩戦闘機の出動率僅少なりしことが、この作戦を不成功ならしめたる原因にして、次回作戦に対し大いに研究の余地あり」「第一回神雷攻撃を敢行し、桜花機の使用の限界を判明とし、その後の作戦に資する所、極めて大なり」と記されていた<ref name="世界113">内藤初穂「太平洋戦争における旧海軍の「戦闘詳報」」『世界の艦船 No.512』1996年7月号 113頁</ref>出撃を強行した宇垣中将は陣中日記[[戦藻録]]に「其の内援護戦闘機の一部帰着し悲痛なる報告を致せり。即1420頃敵艦隊との推定距離5、60浬に於いて敵グラマン約50機の邀撃を受け空戦、撃墜数機なりしも我も離散し陸攻は桜花を捨て僅々10数分にて全滅の悲運に會せりと。嗚呼」と記している<ref>宇垣纏『戦藻録 後編』日本出版協同 P.197</ref>。
 
一方でアメリカ軍は多数のF6Fが被弾したが、撃墜されたのはホーネット隊VBF17のクリスチン中尉を含む2機のみであった<ref>加藤浩『神雷部隊始末記』P.214</ref>{{#tag:ref|出撃命令がなかったレーダー搭載型一式陸攻の電探員がBBCの短波放送を無断で聞いたところによれば、米側損害は7機だったという<ref>文藝春秋 編『人間爆弾と呼ばれて 証言・桜花特攻』(文藝春秋、2005年)137頁</ref>。|group="注釈"}}。一方的な勝利であった為、マリアナ沖海戦同様にこの空戦も「七面鳥狩り」と呼ばれた。ちなみにアメリカ軍の戦果記録は一式陸攻26機撃墜、零戦12機撃墜、[[雷電 (航空機)|雷電]]2機撃墜、零戦2機撃破、[[三式戦]]1機撃破と過大なものであったが、大規模な空戦では日米互いに過大な戦果報告は茶飯事であった<ref name="sugawara_245">菅原完『知られざる太平洋戦争秘話』P.245</ref>。桜花の情報は既にアメリカ側は察知しており、アメリカ軍内部の広報誌「Intelligence Bulletin」31号で通知されていた。その為ホーネット隊VBF17の戦闘詳報では「この日遭遇したベティ(一式陸攻のコードネーム)は翼幅15フィートの小さな翼を付けた魚雷の様な爆弾を搭載していた。これは「Intelligence Bulletin」に掲載されていた日本の空飛ぶ爆弾と思われるが、この爆弾はひとつとして発射される事も投棄されることもなかった」とあるが、一方ベローウッドのVF30は「Intelligence Bulletin」を見てなかったのか桜花の存在を知らず「ベティはGizmo(奇妙な物)を搭載していた。(中略)それは尾翼のない[[V1飛行爆弾]]の様だった。我が戦闘機より銃撃され炎上した全てのベティはGizmoを投下したが、それは30°の角度で滑空降下していった。これらは多くの場合に滑空降下中に煙を出したがジェット推進という確証はなかった。本空母と航空隊は日本軍がこのような兵器の使用を試みたという報告を受け取ったことはない。」と報告している。アメリカ軍はこの時点では桜花が有人であるとは認識しておらず、全容が解明されるのは沖縄戦で桜花が無傷で鹵獲されてからであった<ref>加藤浩『神雷部隊始末記』P.215</ref>。
 
湯野川守正(桜花要員)によれば、桜花の悲報を受けても隊員たちの士気は旺盛だった、編成当初は悩みもあったが、張りきって立派にやっていた、最善を尽くして死ぬのは本望で淡々と順番を待ち生き死にを深刻に考えず人に後ろ指をさされないように、一人でも多くの敵をやっつけると考えていたという<ref name="kodachi_220_224"/>。
** 三木忠直 細川八朗『神雷特別攻撃隊』(山王書房 1968)ASIN: B000JA5XTY
** ハンソン・ボールドウィン『勝利と敗北 第二次大戦の記録』朝日新聞社 1967年 ASIN: B000JA83Y6
** {{Cite book |和書 |author=[[安部正治]] |others=[[本田稔]]|year=1990|title=私はラバウルの撃墜王だった (証言・昭和の戦争 リバイバル戦記コレクション) |publisher=光人社 |isbn= |ref={{SfnRef|安部|本田|1990}} }}
 
== 関連項目 ==
1,388

回編集