メインメニューを開く

差分

*カゾクマン母ピンク(佐久間多津子)
:かつてはアイドル的人気を誇ったピンクだったが、今は父レッドと同じく引退の時期である。しかし嫁にピンクを譲るつもりは全くない。レッドの為に地球防衛軍の予算で購入したマッサージチェアを時々使用している。
*カゾクマン婿グリーン(佐久間正則)
:妹イエローの婿養子として佐久間家に入り、グリーンを受け継いだ。ダンサブルな攻撃を得意とするが、視力の低下によりカゾクマンを続ける限界を感じている。息子がカゾクマンの家庭である事を理由にいじめられている。
*カゾクマン妹イエロー(佐久間紗江)
:しっかり者の妹。まだ小さい息子(倫太郎)の世話に追われ、戦闘の途中でも保育園から呼び出されてしまう。夫正則には良き妻だが実は不倫している。
*カゾクマン婿グリーン(佐久間正則)
:妹イエローの婿養子として佐久間家に入り、グリーンを受け継いだ。ダンサブルな攻撃を得意とするが、視力の低下によりカゾクマンを続ける限界を感じている。息子がカゾクマンの家庭である事を理由にいじめられている。
*カゾクマン兄ブルー(佐久間大輝)
:次期レッドを継承する立場であるが、妻と母の間に、嫁姑問題を抱えているうえに、怪人男前男に妻詩織や息子を奪われる等、苦労が絶えない。レッドを継承せずに自分達の代でミドラー一味を倒し、息子にカゾクマンを継承しない事を誓う
*佐久間詩織
:兄ブルーの妻として佐久間家に嫁いできたが、姑ピンクから厳しい家事を指示されつつも慎ましく耐えてきた。しかし姑ピンクの指導は、詩織の次期ピンクとしての必殺技の訓練となっており、ある日、戦闘時に突然力を発揮する。
*元グリーン/地球防衛軍日本支部司令官/お千代さん
:先代レッドの妹で、かつてグリーンを務めていた。現在はグリーンを引退して地球防衛軍日本支部司令官を務めている。佐久間家の人々には「十条のおばちゃん」「お千代さん」と呼ばれる。
*怪人ミドラー
:代々世界征服を企む怪人。幼少期に父ヘドラーを目の前で殺され、父の意志を継ぎ世界征服を誓っている。その裏でかつてブルーであった一郎(現レッド)に命を救われた過去を持つ。子供が欲しかったミドラーは、パートⅡでカゾクマン兄ブルーの息子赤ん坊(大翔)を誘拐して自分の後継者にと考える。
*怪人男前男
:ミドラーに仕えるキザな怪人。主人であるミドラーには大変忠実で、ミドラーの身体を労り、家計を助ける為に近所のスーパーのお買い得情報に詳しい。パートⅠでミドラーの命令で兄ブルーの嫁である詩織を拉致誘拐するが、好意を抱いてしまう。パートⅡでは大輝と詩織に、離婚させる事を条件にミドラー一味から赤ん坊救出を提案し、イーゲンに倒される。
*怪人イーゲン
:ミドラーに仕える威厳のある怪人。威厳がありすぎる為、尾行に向かない。戦闘能力は高いが、弱点は子守歌を歌われると眠ってしまう。
280

回編集