「米田冨士雄」の版間の差分

編集の要約なし
m (修正。)
1898年、[[東京府]][[東京市]][[神田]]仲猿楽町で、[[弁護士]]・[[衆議院議員]]である[[米田実]]の長男として出生<ref>『米田冨士雄追想録』米田冨士雄追想録編纂ん委員会 1979</ref>。
 
[[明治大学付属明治高等学校・中学校|明治中学校]](現・[[明治大学付属明治高等学校・中学校]])、[[第五高等学校 (旧制)|第五高等学校]]乙文科を経て、[[東京大学|東京帝国大学]][[東京大学大学院法学政治学研究科・法学部|法学部]]独法科卒業。[[高等文官試験]]に合格し、1924年に旧[[逓信省]]入省。1929年、[[陸軍大臣]]、[[教育総監]]などを務めた[[秋山好古]]の四女治子と結婚。[[国際連盟]]交通委員顧問としての[[パリ]]駐在、国際航空委員会の帝国代表随員、ロンドン国際経済会議の全権随員などを務める。[[運輸省]]海運総局運航部長、海務官などを経て、[[日本船主協会]]理事長、日本海運振興会会長、 海事産業研究所理事長などの要職を歴任。
 
近代日本海運史研究に欠かせないとされる遺稿は、1978年に米田富士雄遺著『現代日本海運史観』として財団法人海事産業研究所より発刊され、明治初期・海運創生期から昭和までの日本海運行政全般を記述した貴重な教書となっている。
* 父:[[米田実]] - 衆議院議員、弁護士 
* 叔父:[[米田奈良吉]] - [[逓信省|逓信]]次官、逓信協会会長
* 妻:治子 - [[秋山好古]]([[陸軍大将]])の四女   
 
== 脚注 ==