「シンデレラIII 戻された時計の針」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
:騒動の張本人。魔法の杖を手に入れたことから義理の娘シンデレラに復讐する。
:シンデレラが幸せを手に入れるきっかけとなった魔法を「汚い手」と称しながらも、それを躊躇する事なく悪用したり、娘を王子と結婚させる事で巨万の富と身分を得るという野望を実現させる為ならばどんな手段も選ばないなど、シリーズの中でも特に強欲で独善的な性格が目立っており、さらには改心した実の娘のアナスタシアを「親不孝者」呼ばわりし、自分の意にそぐわない行動をとったという理由から魔法で[[ヨーロッパヒキガエル|ヒキガエル]]にしようとするなど、シンデレラはおろか実の家族に対しても極めて薄情である節を見せる。
:最後は、シンデレラとアナスタシアに向けて放った魔法を王子に跳ね返された事で、ドリゼラ共々自分がヒキガエルの姿になってしまった。しかしエンディングでは、シンデレラが着ていた服に箒を持った姿で元に戻った。
;アナスタシア・トレメイン
:トレメイン夫人の娘でシンデレラの義姉。性格は、本来なら時系列がこの後である前作を継承しているとも見れ、前々作よりは良識的となっている。シンデレラのように恋人と出会って婚約することを夢見ていたが、魔法の杖の力でシンデレラに代わって王子と婚約することになる。
:しかし、次第に王子や王を騙していることに罪悪感を抱くようになり、魔法の力を持ってしてもシンデレラへの愛が変わらない王子の姿を目にした事で潔く身を引こうとするが、どうしても王子と娘の結婚を望む母の魔法によってシンデレラの姿に変えられてまで、王子と結婚させられそうになるが、最後は魔法の杖を使って王子や王の前で自ら正体を明かし、シンデレラと王子の結婚を見届けた
:エンディングでは、前作に登場したパン屋の青年が一瞬登場しており、彼からお菓子をプレゼントされている。
;ドリゼラ・トレメイン
:トレメイン夫人の娘でシンデレラの義姉。妹のアナスタシアが純粋に愛を夢見ているのに対し、あくまで贅沢な暮らしをする事を願っているなど、母同様に譲りの強欲な性格の持ち主。シンデレラはおろか、実の妹であるアナスタシアに対する情も皆無。
;フェアリー・ゴッドマザー
:『シンデレラ』で「ビビディ・バビディ・ブー」の呪文と魔法の杖でシンデレラにドレスやカボチャの馬車を出した妖精の老婆。シンデレラと王子のために結婚1周年のパーティーを開いたが、そのパーティーを目撃したアナスタシアに魔法の杖を奪われ、石像に変えられてしまうが、物語の終盤で杖を取り返したシンデレラによって元に戻った
;王様
:王子の父。王子に早く結婚させたがっている。義理の娘になる予定のアナスタシアに、自身と妻の思い出を語る中、彼女に妻と共に浜辺で拾った貝殻を贈り、真の愛について説く。
:物語の終盤で今までの愚行を謝罪するアナスタシアから貝殻を返されるが、「真の愛を手にする資格は誰にでもある」と優しく諭し、そのまま彼女に譲り渡した。
;ルシファー
:トレメイン夫人の飼い猫で、ジャックたちの天敵。トレメイン夫人の魔法で人相が悪い御者に変身し、シンデレラやジャックたちを乗せたカボチャの馬車を引いて王宮から引き離していくが、シンデレラの機転で馬車から放り出されて池に落ち、元の姿に戻った。