「アメリカンドッグ」の版間の差分

(エピソード)
また、衣が小麦粉主体のものは単に「ハットグ」と呼ぶようになった<ref name="改善展">[https://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1976052100329204001&editNo=2&printCount=1&publishDate=1976-05-21&officeId=00032&pageNo=4&printNo=9429&publishType=00020 고기·쌀안쓴 營養食 한국부인회 食生活 改善展]京郷新聞 1976年5月21日号</ref>。1976年5月の新聞記事ではすでに[[割り箸]]を串として活用した調理法が紹介されている<ref name="改善展"/>。
 
1970年代後半に[[CJグループ|第一製糖]](現在のCJ)や[[オットゥギ]]がホットケーキミックスとドーナツミックスの販売を開始したことで、子供向けのおやつや受験生の夜食としての需要が高まった<ref>[https://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1979071800329204006&editNo=2&printCount=1&publishDate=1979-07-18&officeId=00032&pageNo=4&printNo=10398&publishType=00020 간식 새우·오징어로 튀김을 입맛·영양가 관심둬야]京郷新聞 1979年7月18日号</ref><ref>[https://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1984092600099209001&editNo=1&printCount=1&publishDate=1984-09-26&officeId=00009&pageNo=9&printNo=5713&publishType=00020 受驗生위한 영양간식 9가지]毎日経済 1984年9月26日号</ref>。また、1980年代に学校付近での[[屋台]]営業や[[自動販売機]]<ref>[http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/08/01/2017080101648.html 이거 알면 아재? 지하철역에 있었던 ㅇㅇㅇ 자판기]chosun.com 2017年8月1日</ref>が普及したことで世代によっては[[国民食]]的な存在となっていった。1980年代末に大手メーカーから[[冷凍食品]]として発売され、行楽用の[[携行食]]としても広まっていった<ref>[https://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1988051300099216003&editNo=1&printCount=1&publishDate=1988-05-13&officeId=00009&pageNo=16&printNo=6827&publishType=00020 행락용식품 人氣]毎日経済 1988年5月13日</ref>。1990年代末に衣にダイス状の[[フライドポテト]]を混ぜた新式の「カムジャハットグ」が登場<ref>[https://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1999070100209119001&editNo=45&printCount=1&publishDate=1999-07-01&officeId=00020&pageNo=19&printNo=24236&publishType=00010 "길거리 간식도 패션만큼 유행 빨라요"]東亜日報 1999年7月1日</ref>。2010年代にはソーセージの代わりに[[モッツァレラ]]や[[チェダーチーズ]]を入れた「チーズハットグ」がブームとなった。ブームは日本にも波及した<ref>[https://mainichi.jp/articles/20180913/ckp/00m/100/008000c 韓国トレンドグルメ☆「チーズハットグ」のチーズ対抗のび〜る&味合戦!]毎日新聞 2018年9月13日</ref>。
 
ブームがきっかけとなり、一部では旧式のアメリカンドッグを「イェンナルハットグ(昔風ハットグ)」と呼び分けるようになった<ref>[https://www.hankyung.com/news/article/2017052963451 쌀옷 입고, 치즈 품고 돌아온…핫도그, 핫 뜨거[「カムジャハットグ」]韓国経済 2017年5月29日</ref>。