「需要と供給」の版間の差分

編集の要約なし
== 概説 ==
;需要
とくに貨幣などの購買力に裏づけされた需要を「[[有効需要]]」という<ref name="nipponica_juyou" />。貨幣経済では、(有効)需要量は、提供される財・サービスの価格、購入しようとする経済主体の[[欲望]]の度合いや所得の程度によって決定されてくる<ref name="nipponica_juyou" />。一般には(あくまで一般論としてはであるが)価格が上昇すると需要は減少する傾向がある<ref name="nipponica_juyou" />。分かりやすく説明すると、[[価格]](値段)が上昇すると経済主体の側の「買う気」がうせ、買おうとする行動が減る傾向がある、ということである。
 
;供給
一般的な交換経済の場合は(あくまで一般的な交換経済の場合に限定した話であるが)、取引相手側が代価として提供するものが高い効用をもつときには、供給する側の供給しようとする[[意思]]は強くなり、結果として供給量は多くなる<ref name="nipponica_kyoukyu" />。分かりやすく説明すると、買い手側が高い値段で買うと分かっていると売り手側(商品やサービスを提供する側)は、より多くの財貨を得られる(だろう)という期待が膨らみ、より多くの財貨が得られるならば、より多くの苦労をすることも「それだけの財貨が得られるならば、その苦労もより、もっと我慢できる」や「苦労もより大きくなるが、それ相応に得られるものがある」などとと考える傾向があり、結果として供給への意思が強くなり、結果として供給者側の供給のための活動量が増え、実際に供給量が増える傾向がある、ということである。
 
[[競争市場]]では、市場価格は絶対的なものではなく、[[市場価格]]や取引数量は需要量の大きさと供給量の大きさの[[相対性|相対的関係]]に応じて変動し、そして決まる。
2

回編集