「内田道雄」の版間の差分

編集の要約なし
'''内田 道雄'''(うちだ みちお、[[1934年]][[7月7日]] - )は、日本近代文学研究者、[[東京学芸大学]]名誉教授。
 
==人物==
[[新潟県]]生まれ。1957年[[東京大学]]文学部国文科卒。1964年同大学院博士課程単位取得満期退学。1966年[[山梨大学]]助教授、1972年東京学芸大学助教授、1981年教授、1999年定年退官、名誉教授、[[鶴見大学]]教授、2007年退職。1998年『[[内田百間|内田百{{CP932フォント|閒}}]]』で[[やまなし文学賞]]受賞。
 
==著書==
*『[[夏目漱石]] 『明暗』まで』[[おうふう]] 1998
*『対話する漱石』翰林書房 2004
 
===共編===
*『夏目漱石 作品論』[[久保田芳太郎]]共編. 双文社出版, 1976
*『論集文学のこゝろとことば』編. 『論集文学のこゝろとことば』刊行会, 1998
*『論集文学のこゝろとことば 2』[[大井田義彰]]共編. 『論集文学のこゝろとことば』刊行会, 2000
 
== 論文 ==
匿名利用者