「祭神」の版間の差分

(→‎歴史: 修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==歴史==
まんこまんこまんこまんこまんこまんこ
現在、多くの神社では、[[日本神話]]に登場する神を祭神としているか、日本神話の神と同神であるとしている。
 
SEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEx
元々[[神道]]は海・山・川などを畏敬の対象の[[神体]]とする自然崇拝から始まったものであり、初期の神社では、そこに祀られる神には特に名前はないか、不詳であった。[[記紀]]や[[万葉集]]などでも、祭神の名が記されているのは[[伊勢神宮]]、[[住吉神社]]などごくわずかであり、ほとんどの神社の祭神は、鎮座地名や神社名に「神」をつけただけの名前で呼ばれていた。[[延喜式神名帳]]でもほとんどの神社は社名しか記されていないことから、延喜式が編まれた10世紀初頭ごろまではほとんどの神社の祭神には特に名前がついていなかったことがわかる。
 
<br />
10世紀ごろから、それまでの[[氏神]]・[[地主神]]・[[岐の神]]としての性格だけでなく、火の神・水の神・木の神などの具体的な神徳・機能が附加されるようになった。鎌倉時代末期になると、[[仏教]]による[[本地垂迹説]]に対する[[本地垂迹#反本地垂迹説|神本仏迹説]]が主に武家に支持されて隆盛となり、祭神も、その神徳に合わせて地名・社名から日本神話に登場する神、あるいは「神」「命・尊」「彦・比古」「姫・媛・比売」などをつけた人格的な神に移行するようになった。また、稲荷・八幡などの有力な神を[[分霊]]([[勧請]])してそれを主神とすることも広く行われた。この流れは江戸末期の[[国学者]]たちによる[[復古神道]]の提唱により[[神典]]が頻繁に引用されて行われ、さらに明治になり[[神仏分離]]として結実すると、村社末社無格社に至るまで浸透した。
 
そのため、神社の由緒には確実性に疑問が残ることとなり、式内社の[[論社]]においても伝承により後裔の可能性がきわめて高い論社という扱いとなっている。
 
==主神・配神==
匿名利用者