「枯草菌」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (オートクレーブ滅菌の滅菌温度を120℃から121℃に変更)
m編集の要約なし
| 画像キャプション = 枯草菌とその芽胞(緑)
| 名称 = 枯草菌
| ドメイン = [[真正細菌]] [[w:Bacteria|Bacteria]]
| 門 = [[フィルミクテス門]]<br />[[w:Firmicutes|Firmicutes]]
| 綱 = [[バシラス綱]] [[w:Bacilli|Bacilli]]
| 学名 = ''Bacillus subtilis'' {{AU|(Ehrenberg 1835) Cohn 1872 (Approved Lists 1980)}}
}}
'''枯草菌'''('''こそうきん'''、'''''Bacillus subtilis''''')は、土壌や植物に普遍的に存在し、[[反芻動物]]やヒトの胃腸管に存在する[[グラム陽性]]の [[カタラーゼ]]陽性の[[真正細菌]]である。片仮名表記ではしばしば'''バチルス・サブティリス'''<ref name="TTM2007">日本細菌学会用語委員会編『微生物学用語集 英和・和英』南山堂、2007</ref>か'''バシラス・サチリス'''<ref name="TTM1985">日本細菌学会用語委員会編『英和・和英微生物学用語集』第3版、菜根出版、1985</ref>が使用される。学名の[[ラテン語]]をそのままカナ音写すると「バキッルス・スプティーリス」に近い。バキッルスが小さな棒、スプティーリスが細い、という意味である。
 
学名は、[[ラテン語]]の、bacillus(バキッルス;小さな棒)とsubtilis(スプティーリス;細い)に由来し、合わせて「細い小さな棒」と言ったほどの意味になる
 
==分布と特徴==
0.7-0.8 × 2-3 &micro;mの大きさの[[好気性生物|好気性]]の[[グラム陽性]][[桿菌]]である。中温性で、最適生育温度は25-35℃である。
 
[[芽胞]]を形成する。この形態となったとき、様々な[[環境ストレス]]や飢餓に対して耐久性を有する。その他の耐久機構として、外部DNAを取り込み自己ゲノムと[[相同組換え]]することによって[[形質転換]]する能力(自然形質転換能natural competence)を持つ。これらの耐久機構の発現には長い時間を要する。枯草菌は素早く適時に環境ストレスに対応するため、ストレス[[シグマ因子]]などの環境ストレス応答機構を有する。この応答機構により熱、酸、塩基、[[エタノール]]などへの暴露、および[[グルコース]]や[[リン酸]]の飢餓に耐性を示す<ref name=BandowBrotz2002>{{cite journal |author=Bandow, J.E., H. Brötz, M. Hecker. |title=''Bacillus subtilis'' Tolerance of Moderate Concentrations of Rifampin Involves the sigma(B)-dependent General and Multiple Stress Response. |journal=Journal of Bacteriology. |year=2002 January; |volume=184|issue=2| pages=459-467. |url=https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11751823 |pmid=11751823 |pmc=139561 }}</ref>。
 
芽胞は熱や消毒薬などに対しても耐久性を示す。このため、一般的な消毒手法でも除去しきれないことがあり、[[培地]]や食品の汚染([[コンタミネーション]])の原因になることがある。ヒトに対する病原性を持たないため医学上問題視されることは少ないと考えられているが、菌血症、心内膜炎、呼吸器感染症、食中毒、眼感染症をごく稀に引き起こす<ref>[http://bac.hs.med.kyoto-u.ac.jp/ Pathogenic Bacteria Database]</ref>。