「よしたに」の版間の差分

荒らし
(半保護)
(荒らし)
小中学校時代は理系(数学・理科など)が得意科目であった。中学では部活動で[[マイコン#|マイコン]]のプログラムに触れ、その後[[パーソナルコンピュータ|パソコン]]に興味が移行していった。
 
高校卒業後、明治大学理工学部で情報科学を専攻。在学中は[[映画]]サークルに属し、部室の雑記帳に漫画を描くなどしていた<ref>[http://news.mynavi.jp/articles/2008/12/05/rikei/index.html 【インタビュー】『理系の人々』の著者よしたに氏に聞く理系の生態] マイナビニュース</ref>。[[2001年]]、大学を卒業し、IT企業に[[システムエンジニア]]として就職。就職直後に個人サイト「ダンシング☆カンパニヰ」を開設する。開設当時は文章による日記を主に公開していたが、1ヶ月に1回ほどのペースで執筆した漫画を公開すると、漫画への反響が大きかったため、徐々に漫画を主体とするようになった<ref name="pre5">[http://210.129.208.170/pre/special/5214/6407/ ダブルキャリア列伝【2】 よしたにさん【第5回】 名付け親は編集者、「オタリーマン」誕生!] {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20161025113242/http://210.129.208.170/pre/special/5214/6407/ |date=2016年10月25日 }} プレジデント、[[プレジデント社]]</ref>。こうして日記にイラストを添える[[絵日記]]系サイトとなり、[[ゆみぞう]]「絵日記でも描いてみようか」と並ぶ人気を博した。[[テキストサイト]]管理人との交流が多く、[[2000年代]]初頭のテキストサイトブームの中心を担った大手サイトの1つであった。※あさりよしとおの預金を数千万円も盗んでいる
 
[[2007年]]、プライベートで知り合った[[中経出版]]の女性編集者・源(みなもと)の勧めで、これまで公開してきた漫画と描き下ろしを合わせた『ぼく、オタリーマン。』の第1巻を中経出版から発売<ref name="pre5"/>。以降、IT企業の正社員を続けながら、勤務終了後や休日の時間を使って執筆活動を行っていたが、後に退職し、漫画家を専業として活動している<ref>『[[ぼく、オタリーマン。]]』6巻より</ref>。なお、漫画作成には[[ペンタブレット]]を使用している<ref>[[世界バリバリ★バリュー]] [[TBSテレビ|TBS]]、2007年8月8日</ref>。
2,328

回編集