メインメニューを開く

差分

サムはオダ=メイを一晩中「[[ヘンリー8世 (イングランド王)|ヘンリー8世]]君」<ref>[[イギリス]]のグループ・[[ハーマンズ・ハーミッツ]]が[[1965年]]にリリースしたシングルで全米1位を獲得した曲(原題”I'm Henry The Eighth, I Am”)。歌詞中に「サム」が出てくる(”She wouldn't have a Willy or a Sam - No Sam !”)。また、1番の歌詞の後に「(次は)2番だって?1番とおんなじだよ!(”Second verse? Same as the first !”)」とあり、永遠に歌を繰り返す。みんなが嫌がるのは、これに加えてひどい[[コックニー]]訛り(例えば ”Henry” は ”H"を発音しないので”Enry”と聞こえる)で歌うからである。</ref>を聞かせ続けるという半ば脅迫めいたやり方ではあるが説得し、モリーに会わせた。サムしか知らないことをオダ=メイから言われたモリーは半信半疑ながら彼女の話に耳を傾ける。そしてサムは自分を殺した犯人の名前がウィリー・ロペスだとオダ=メイから彼女に言い聞かせた。
 
モリーはそのことをカールに話し相談するが、カールはオダ=メイはペテン師だと決め付け信じなかった。しかし、真意を確かめたいと考えるモリーを見て、カールは自分が調べようと言ってウィリーの住むアパートへ向かう。
 
ウィリーのアパートに着いたカールを見守ろうとサムも付いていくが、そこでサムは自分が殺された事件の衝撃的な真相を知ることとなった。カールは銀行で、麻薬組織から受け取っていた400万ドルもの不当な金を密かに自らが務める銀行で[[資金洗浄]]するという不正を裏で働いていた。だがサムがそれによる異変嗅ぎ付け察知したサムが妨げになったことで、カールはウィリーに彼を襲うよう依頼し、その結果サムは殺されたのだった。
 
一方、モリーは警察署でオダ=メイから教えられたことについて相談していたが、そのオダ=メイがかつて詐欺師として悪事を働き服役までしていたことを告げられショックを受ける。その後、自宅でモリーにそれを打ち明けられたカールはそこに付け込み、モリーにキスをしようとする。しかしその場に居合わせたサムが阻止しようと飛び込んだ瞬間、写真立てが崩れて二人を離すことが出来た。
794

回編集