「エウクレイデス」の版間の差分

編集の要約なし
(議論停止のためテンプレート除去)
}}
[[ファイル:Euclid.jpg|right|thumb|220px|[[ラファエロ・サンティ|ラファエロ]]の壁画「[[アテナイの学堂]]」に画かれたエウクレイデス]]
アレクサンドリアの'''エウクレイデス'''({{翻字併記|grc|Εὐκλείδης|Eukleídēs|n|}}、{{Lang-la|Euclīdēs}}、{{Lang-en|Euclid}}('''ユークリッド''')、[[紀元前3世紀]]? - )は、[[古代エジプト]]の[[ギリシャ人|ギリシャ系]][[数学者]]、[[天文学者]]とされる。[[数学史]]上最も重要な著作の1つ『原論』([[ユークリッド原論]])の著者であり、「[[幾何学]]の父」と称される。
 
[[プトレマイオス1世]]治世下([[紀元前323年]]-[[紀元前283年|283年]])の[[アレクサンドリア]](現在の[[エジプト・アラブ共和国|エジプト]]領アレクサンドリア)で活動した。『原論』は[[19世紀]]末から[[20世紀]]初頭まで数学(特に[[幾何学]])の教科書として使われ続けた<ref>{{Harvnb|Ball|1960|pp=50–62}}</ref><ref>{{Harvnb|Boyer|1991|pp=100–19}}</ref><ref>Macardle, et al. (2008). ''Scientists: Extraordinary People Who Altered the Course of History.'' New York: Metro Books. g. 12.</ref>。線の定義について、「線は幅のない長さである」、「線の端は点である」など述べられている。基本的にその中で今日[[ユークリッド幾何学]]と呼ばれている体系が少数の[[公理]]系から構築されている。エウクレイデスは他に[[光学]]、[[遠近法|透視図法]]、[[円錐曲線|円錐曲線論]]、[[球面天文学]]、誤謬推理論、図形分割論、[[天秤]]、
400

回編集