「オイルショック」の版間の差分

編集の要約なし
(「オイルショック」の語句・表記について修正)
'''オイル・ショック'''({{lang-en|Oil shock}})<!--([[和製英語]]:{{en|oil}} + {{en|shock}})←-英語版及びドイツ語版でも「オイルショック」に相当する語句の記述あり-->とは、不景気の通称で[[1973年]](第1次)と[[1979年]](第2次)に始まった(ピークは[[1980年]])、[[原油]]の供給逼迫および[[原油価格]]高騰と、それによる世界の経済混乱である。'''石油危機'''(せきゆきき、英語: [[:en:Oil crisis|Oil crisis]])または'''石油ショック'''とも称される。[[OPEC]]諸国の国際収支黒字は1973年には10億ドルであったが、[[1974年]]には約700億ドルに急増<ref name=UN />。一方、発展途上国向けの民間銀行貸し付け額は[[1970年]]の30億ドルから[[1980年]]の250億ドルに跳ね上がった<ref name=UN>Morris Miller, ''Resolving the Global Debt Crisis'' [[国際連合|国連]] 1989年 p.50.</ref>。世界各国は[[ユーロ債]]市場から資金を調達した<ref name=FS />。[[OECD]]加盟国は長期の固定金利債を起債することができたが、非産油途上国は[[カントリーリスク]]のためにそうした手段がとれず、代わりに負担が大きい変動金利のシンジケートローンに頼った<ref name=FS>OECD, ''Financial Statistics'', 1979, 13, Tome 1, pp.802-810; ''Financial Statistics Monthly'', Dec. 1982, pp.8-9, 13-14.</ref>。
[[ファイル:Oil Prices Since 1861.svg|right|thumb|500px|1861年〜2007年の原油価格。100年近く続いた安値が[[1970年代]]に二度にわたって破られたことがわかる。{{See also|アメリカ合衆国の経済史#インフレの悲哀: 1970年代}}
{{Legend|#FF9A00|[[実質と名目|実質]]([[消費者物価指数|物価変動]]補正)}}