「権守操一」の版間の差分

{{出典の明記}}ほか
(新しいページ: 「'''権守操一'''(ごんもり そういち、1908年11月2日1972年6月20日<ref>『著作権台帳』</ref>)は、日本のフ…」)
 
({{出典の明記}}ほか)
{{出典の明記|date=2019年7月1日 (月) 16:02 (UTC)|ソートキー=人1972年没}}
'''権守操一'''(ごんもり そういち、[[1908年]][[11月2日]]ー[[1972年]][[6月20日]]<ref>『著作権台帳』</ref>)は、日本のフランス文学者。
{{Portal 文学}}
'''権守 操一'''(ごんもり そういち、[[1908年]][[11月2日]] - [[1972年]][[6月20日]]<ref>『著作権台帳』</ref>)は、日本のフランス文学者。
 
==人物==
[[山梨県]]生まれ。1934年[[東京帝国大学]]文学部仏文科卒。[[東北大学]]教養部助教授をへて、教授。72年定年退官、名誉教授となる。
 
==翻訳==
*ジュウル・ルメエトル『作家論』朝倉季雄共訳 仏蘭西文芸思潮叢書 白水社 1939
*[[スタンダール]]『社会的地位』[[河出書房]] 1948
*[[シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ|サント・ブーヴ]]『覚書と随想』[[創元社]] 1948
*サント・ブーヴ『人間性の認識』アルス 1948
*サント・ブーヴ『婦人の肖像』[[思索社]] 1949
*[[フランソワ・ラブレー|ラブレー]]『ガルガンチュワ物語』ともだち文庫 [[中央公論社]] 1949
*『白き石の上にて』アナトオル・フランス長篇小説全集 第11巻 白水社 1950
*サント・ブーヴ『愛慾』創元社 1950
*[[オノレ・ド・バルザック|バルザック]]『従兄ポンス』[[角川文庫]] 1953-54
*[[ジョルジュ・サンド]]『愛の妖精』ニューファミリー文庫 [[評論社]] 1973
 
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{Academic-bio-stub}}
{{Writer-stub}}
{{デフォルトソート:こんもり そういち}}
[[Category:日本の文学研究者]]