「厳正拘束名簿式」の版間の差分

日本では[[1983年]]から[[1998年]]までの[[参議院議員通常選挙]]の[[参議院比例区]]において採用された。
 
参議院選挙区(旧地方区)における[[一票の格差]]の問題から2つの[[参議院合同選挙区]]が創設されたことにより、参議院に選出されない可能性がある県の代表者を参議院に確実に輩出することを意図した自民党の意向が国会で反映されたことにより、[[2019年]][[7月]]実施予定の[[第25回参議院議員通常選挙|第25回参議院選挙]]から参議院比例区で政党等の判断で拘束名簿式の「'''特定枠'''」として設定することが可能となり(なお、特定枠に掲載された候補者は候補者名を冠した[[選挙運動]]を行うことができず、特定枠に掲載された候補者は政党票としてカウントされる)、これによって参議院比例区では拘束名簿式と[[非拘束名簿式]]の両方が混合することになる。なお、この参議院比例区の特定枠は「候補者とする者のうちの一部の者」と定められており具体的に何人までという規定はなく、1人を除いて特定枠とすれば、全候補者に順位付けするという事実上の厳正拘束名簿式にすることも可能である。
 
== 批判 ==