「アナベル・リー」の版間の差分

編集の要約なし
{{基礎情報 文学作品
『'''アナベル・リー'''』(''Annabel Lee'' )は、[[1849年]]に書かれた[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の作家・詩人・編集者・文芸批評家[[エドガー・アラン・ポー]]による最後の詩である。ポーの死後2日目に地元の日刊新聞「[[ニューヨーク・トリビューン]]」紙に発表された。
|題名 = アナベル・リー
|原題 = Annabel Lee
|画像 = Sartain's annabel 1850.jpg
|画像サイズ = 200px
|キャプション = 収録された『Sartain's Union Magazine of Literature and Art』(1850年1月)
|作者 = [[エドガー・アラン・ポー]]
|国 = {{USA1837}}
|言語 = [[英語]]
|ジャンル = [[詩]]
|シリーズ =
|発表形態 = 新聞掲載(死後)
|初出 = 『ニューヨーク・トリビューン』[[1849年]]10月9日号
|刊行 =
|収録 = 『Sartain's Union Magazine of Literature and Art』 [[1850年]]1月
|受賞 =
|訳者 = [[日夏耿之介]]、[[阿部保]]
|前作 =
|次作 =
|portal1 = 文学
}}
『'''アナベル・リー'''』(''Annabel Lee'' )は、[[1849年]]に書かれた[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の作家・詩人・編集者・文芸批評家[[エドガー・アラン・ポー]]による最後の詩である。ポーの死後2日目に地元の日刊新聞[[ニューヨーク・トリビューン]]紙に発表された。
 
日本語訳詩は[[日夏耿之介]]、[[阿部保]]、[[福永武彦]]などある。[[大江健三郎]]は日夏訳<ref>日夏訳の文体を選んだ理由を[[若島正]]訳、[[ウラジーミル・ナボコフ]]『[[ロリータ]]』([[新潮文庫]])の解説で「それは母国の現代語には無知で、家庭の事情から「[[唐詩選]]」はじめ漢詩になじんでいたからだ。それを手引にアメリカ文化センターの豪華本で見つけたポーの原詩は、私にいささかも古びたところのない、新しい英語とひとしいものに感じられた。その英詩と日夏訳との間の文体、声の落差がさらにも強く私を魅了したのである。それをきっかけに、これら二つの(時には三つの)言語の間を行き来することであじわいなれた恍惚が、いまも私の文学受容になごりをとどめている」と書いている。</ref>から初めての女性を中心にした小説『臈たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ』(「らふたし〜」/読み方は「ろうたし〜」)という作品を書いている<ref>[[渡辺利雄]]『アメリカ文学に触発された日本の小説』([[研究社]][[2014年]])pp.27-53。</ref>。作家の[[宮本百合子]]は『[http://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/33189_16392.html 『獄中への手紙』(一九四〇年(昭和十五年)七月十七日付〔巣鴨拘置所の顕治宛 目白より(封書)〕)]』同年八月号『婦人公論』掲載の日夏訳を[[宮本顕治]]に紹介している。