「大橋洋一 (文学研究者)」の版間の差分

編集の要約なし
'''大橋 洋一'''(おおはし よういち、[[1953年]][[11月12日]] - )は、[[日本]]の英文学者、[[東京大学]]名誉教授
 
==略歴==
[[名古屋市]]生まれ。[[愛知県立明和高等学校]]卒業。1976年[[東京教育大学]]文学部卒業。79年[[東京大学]]大学院人文科学研究科修士課程修了、同大学助手、81年[[中央大学]]専任講師、83年[[学習院大学]]文学部専任講師、85年助教授、94年教授、96年[[東京大学大学院人文社会系研究科]]助教授、99年教授。2019年定年退任、名誉教授となる。2007―09年[[日本英文学会]]会長。
 
本来の専攻は[[シェイクスピア]]。[[筒井康隆]]の『[[文学部唯野教授]]』に材料を提供したとされ、そのモデルとも言われる。研究対象は次第に[[フェミニズム]]、ゲイ文学、[[エドワード・サイード|サイード]]など左翼的な方向に移る。イーグルトン『クラリッサの凌辱』の訳者解説では、[[西部邁]]による『屋根裏の狂女』の書評が[[朝日新聞]]に載ったことを非難し、最近では前英文学会会長・[[高橋和久]]が、[[エドワード・サイード|サイード]]がいたために[[V・S・ナイポール|ナイポール]]の評価が遅れたと発言したことを批判している(『文学』2002年11・12月号)。
匿名利用者