「野崎歓」の版間の差分

編集の要約なし
'''野崎 歓'''(のざき かん、[[1959年]][[1月21日]]<ref>『文藝年鑑』2015</ref>- )は、[[日本]]の[[フランス文学者]]、[[東京大学]]名誉教授。
 
== 来歴 ==
[[新潟県]]生まれ。[[東京大学文学部]]仏文科卒業。同大学院修了。[[一橋大学法学部]][[法律学科]]専任講師・助教授、[[東京大学大学院総合文化研究科]]助教授を経て、2007年、[[東京大学大学院人文社会系研究科・文学部]]仏文科[[准教授]]。2000年、[[ジャン=フィリップ・トゥーサン]]の翻訳でベルギー・フランス語共同体翻訳賞、2001年、『[[ジャン・ルノワール]]』で[[サントリー学芸賞]]、[[2006年]]に『赤ちゃん教育』で[[講談社エッセイ賞]]、2011年に『異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論』で[[読売文学賞]](研究・翻訳賞)を受賞。2012年教授。2019年早期退職し名誉教授となる
 
映画評論、文芸評論も手がける。東京大学教養学部では映画・映像論の講義を、[[松浦寿輝]]と共に担当していた。
匿名利用者