「石田英敬」の版間の差分

編集の要約なし
{{存命人物の出典明記|date=2011年7月}}
'''石田 英敬'''(いしだ ひでたか、[[1953年]] - )は、[[日本]]の[[フランス文学者]]、メディア情報学者。[[東京大学]]名誉教授<ref name=":0">{{Cite web|url=https://researchmap.jp/nulptyx|title=石田英敬 - 研究者 - researchmap|accessdate=2018-09-07|last=|first=|website=|publisher=|language=}}</ref>。[[記号論]]・[[メディア論]]専攻。[[フランス]]の[[思想家]]、[[ミシェル・フーコー]]の研究者として知られる。
 
== 経歴 ==
石田   その事件の後、私は日本にいられなくなって、七五年にパリに留学したんです。 </ref>、同大学[[文学部]]卒業<ref name=":1" />。1975年パリ第4大学留学<ref name=":3">{{Cite web|url=http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/research/faculty/list/lis/f002189.html|title=石田 英敬(イシダ ヒデタカ) - 教員一覧 - 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部|accessdate=2018-09-07|website=|publisher=}}</ref>、1976年パリ第3大学留学<ref name=":3" />、1983年パリ第10大学大学院修士課程修了<ref name=":1" />、1985年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了<ref name=":1" />、同[[博士課程]]退学<ref>{{Cite news|title=石田 英敬 先生の授業・プロフィール - Schoo(スクー)|date=|url=https://schoo.jp/teacher/79|accessdate=2018-09-07|publication-date=|language=}}</ref>、1989年[[パリ第10大学]]大学院博士課程修了(人文科学博士)<ref name=":0" /><ref name=":1" />。
 
[[同志社大学]]専任講師、[[助教授]]を経て、東京大学[[教養学部]]助教授。[[1996年]]同大学大学院[[総合文化研究科]][[教授]]。[[2000年]]より同大学大学院情報学環・学際情報学府教授。[[2009年]]より[[2012年]]まで同大学院情報学環長・学際情報学府長、2012年より[[2015年]]まで同附属図書館副館長・新図書館計画推進室長、2012年より同大学院総合文化研究科教授・同大学院情報学環教授(兼担)。2019年定年退任、名誉教授
 
[[パリ大学]]客員教授、[[リヨン大学]]客員研究員、仏[[国際哲学コレージュ]]・プログラムディレクターなど歴任。
== 著書 ==
=== 単著 ===
* 記号の知/メディアの知-日常生活批判のためのレッスン([[東京大学出版会]]、2003)
* 現代思想の地平([[放送大学教育振興会]]、2005)
** 現代思想の教科書-世界を考える知の地平15章([[ちくま学芸文庫]]、2010)上記放送大学教材に加筆修正。
* 自分と未来のつくり方-情報産業社会を生きる([[岩波ジュニア新書]]、2010)
* 大人のためのメディア論講義([[ちくま新書]]、2016)
=== 編著 ===
* 「日の丸・君が代」を超えて([[鵜飼哲]]、[[坂元ひろ子]]、[[西谷修]]共編)([[岩波ブックレット]]、1999)
* シリーズ言語態 言語態の問い([[山中桂一]]共編)(東京大学出版会、2001)
* シリーズ言語態 社会の言語態([[小森陽一]]共編)(東京大学出版会、2002)
*表象文化研究-芸術表象の文化学([[渡辺保]]、[[小林康夫]]共著) (放送大学教育振興会、2006) 放送大学大学院教材
* アルジャジーラとメディアの壁([[中山智香子 (経済学者)|中山智香子]]、西谷修、[[港千尋]]共著)([[岩波書店]]、2006)
* 知のデジタル・シフト-誰が知を支配するのか?([[弘文堂]]、2006)
* デジタル・スタディーズ1 メディア哲学([[吉見俊哉]]、[[マイク・フェザーストーン]] 共編)(東京大学出版会、2015)
* デジタル・スタディーズ2 メディア表象(吉見俊哉、マイク・フェザーストーン 共編)(東京大学出版会、2015)
* デジタル・スタディーズ3 メディア都市(吉見俊哉、マイク・フェザーストーン 共編)(東京大学出版会、2015)
 
=== 翻訳 ===
* ミシェル・フーコー思考集成 I ~ X巻 責任編集・共訳([[筑摩書房]]、2000-02)
* フーコー・コレクション 1~6 責任編集・共訳([[筑摩書房]]、2006)
* フーコー・ガイドブック 責任編集・共訳(筑摩書房、2006)
* ミシェル・フーコー講義集成 6 社会は防衛しなくてはならない 共訳(筑摩書房、2007)
*[[ジャック・デリダ]] 精神分析の抵抗-[[ジークムント・フロイト|フロイト]]、[[ジャック・ラカン|ラカン]]、フーコー [[鵜飼哲]]、[[守中高明]]共訳([[青土社]]、2007)
*[[ベルナール・スティグレール]] 技術と時間 1 エピメテウスの過失 ([[西兼志]]訳) 監修 ([[法政大学出版局]]、2009)
* ベルナール・スティグレール 技術と時間 2 方向喪失 (西兼志訳)監修(法政大学出版局、2010)
* ベルナール・スティグレール 技術と時間 3 映画の時間と<難-存在>の問題(西兼志訳)監修(法政大学出版局、2013)
 
==脚注==
匿名利用者