「大沢真理」の版間の差分

編集の要約なし
{{記事名の制約|title=大澤 眞理}}
'''大澤 眞理'''(おおさわ まり [[1953年]][[4月4日]] - )は、日本の[[社会学者|経済学者]]。[[東京大学]][[名誉教授]]。専門は[[社会政策]]。[[日本学術会議]]会員。[[経済学博士]](東京大学、1987年)。[[群馬県]]出身。
 
代表著作は『[[イギリス]]社会政策史-救貧法と福祉国家-』など。
*2006年5月 [[ハンザ先端研究所]](ドイツ)フェロー(7月まで)
*2015年4月 東京大学社会科学研究所長(2018年3月まで)
*2019年 定年退任、名誉教授。
 
==活動==
 
研究分野は主に比較[[ジェンダー]]分析、社会政策や[[男女共同参画]]に関するもの等。所属学会は日本評価学会、社会事業史学会、[[社会政策学会]]。2000年代より厚生労働省[[社会保障審議会]]、東京大学男女共同参画推進委員会の委員を務める他、[[国際協力機構]]ジェンダー支援委員会の委員長、内閣府[[男女共同参画会議]]影響調査専門調査会の会長としても活動を行っている。近年は、[[政府税制調査会]]の一員としても活動している。
 
匿名利用者