「第4回十字軍」の版間の差分

m (Category:十字軍を除去; Category:第4回十字軍を追加 (HotCat使用))
 
== ヴェネツィア ==
[[1201年]]に十字軍参加者はヴェネツィアに集結し始めたが、当初予定した3万人の約1/3の人数しか集まらなかった。このため、参加者の有り金を全部集めてもヴェネツィアに支払う船賃が大幅に不足し、出航することができなくなった。そこでヴェネツィア側との協議の結果、かつてのヴェネツィア領で当時は[[ハンガリー王国|ハンガリー]]王保護下にあったザラ市(現在は[[クロアチア]]の都市[[ザダル]])を攻略することで、船賃の補填とすることにした。同じキリスト教徒(しかも[[カトリック教会|カトリック]])のであるザラ攻略することには、十字軍内にも大きな抵抗があったが、結局ザラを攻撃し、数日でこれを降伏させた。知らせを聞いたインノケンティウス3世は激怒し、十字軍を[[破門]]にしたが、十字軍からの弁明を受けて破門を解いた。
 
ところが、ここに[[東ローマ帝国]]の亡命皇子[[アレクシオス4世アンゲロス|アレクシオス]]が訪ねてきて、帝位獲得の助力を願い出た。アレクシオスの父は皇帝[[イサキオス2世アンゲロス|イサキオス2世]]だったが、弟([[アレクシオス3世アンゲロス|アレクシオス3世]])により簒奪されており、正当な帝位を回復したいとのことで、見返りとして、20万[[マルク (通貨)|マルク]]の支払い、東ローマ帝国の十字軍への参加、東西教会の統合を提示した。モンフェラート侯とヴェネツィアはこれに賛成した(予め知っていたと思われる)。他の十字軍士は躊躇し、一部の者は別行動をとったが、結局大部分の者はこれに同意した。
422

回編集