「水曜日のダウンタウン」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
** 芸能界の挨拶に関する説。「『お疲れさまでした』『お』と『した』さえ合っていれば間は何でもいける説」として「お」と「した」だけ合った言葉(例:「[[お蔵入り]]した」、「[[大塚愛]]でした」、「[[インタビューマン山下|オモロー山下]]」、「[[大きな玉ねぎの下で 〜はるかなる想い|大きな玉ねぎの下]]」、「[[オオカミ]]に育てられました」)をターゲットに対し挨拶しレベル1からレベル5の言葉で検証しターゲットから何もツッコまれなければ説立証となる。挑戦するのはオードリー・春日で品川庄司・庄司やFUJIWARA・藤本などが主なターゲットとなる。これまでに「ありがとうございました」、「よろしくお願いします」でも検証されている。
** 2019年3月6日放送分では、春日をターゲットとした逆挨拶ドッキリとして再検証され、番組スタッフやタクシーの運転手などあらゆる場所でターゲットが春日に逆挨拶をする(例 : 「どちらまで」→「ドッキリなんで」「いらっしゃいませ」→「いい加減引っ越せ」など)。 VTRの後半では、松本も逆挨拶ドッキリに参戦し、「よろしくお願いします」を「俺の方がいいマッスル」と言い換えた。
* '''女子中高生人気芸人ランキングシリーズ'''
** 女子中高生に人気の芸人のランキングを調査する説。提唱者は[[平成ノブシコブシ]]・[[徳井健太]]。題材に必ず[[NON STYLE]]が1位なわけがないという旨を徳井が説明したうえで調査をする。
* '''ミスター押忍シリーズ'''
** 『ミスター押忍』こと、拓殖大学空手部OB・和田和三を題材にした説。
7,523

回編集