「角運動量保存の法則」の版間の差分

編集の要約なし
m (微修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
この特別な場合として、外力が働かない(もしくは外力が働いていたとしてもそれによる[[トルク]]が0の)場合、質点系の[[角運動量]]は常に一定である。例えば、[[フィギュアスケート]]の選手がスピンをする際、前に突き出した腕を体に引きつけることで回転が速くなる([[角速度]]が大きくなる)。このとき回転軸から腕先までの距離が短くなるため、かわりに回転が速くなることによって、角運動量が一定に保たれる。
 
回転する「[[独楽|こま]]」は、回転軸にそって、(上から見て)時計回りなら下向きの、反時計回りなら上向きの[[角運動量]]を持っている。独楽の回転軸(それは重心を貫いている)が鉛直方向に平行であれば、独楽にかかる[[重力]]と、床から独楽が受ける[[垂直抗力]]が共に1本の直線上(回転軸上)にあるため、独楽に働く外力による[[トルク]]は0である。従って、この場合独楽の[[角運動量]]は一定であり、独楽は軸周りの回転だけを続ける。ところが、独楽が傾くと独楽にかかる重力と、床から独楽が受ける[[垂直抗力]]は、1本の直線上には乗らず、従って、これらの力が[[トルク]]を生じさせる。この[[トルク]]が独楽の[[角運動量]]を変化さる。その結果、独楽は本来の回転軸のまわりの回転に加えて、それとは別の軸(独楽と床が接する点を通る鉛直線)のまわりでも回転をする。それが独楽の「みそすり運動」すなわち[[歳差運動]]である。
 
== 角運動量保存の法則の証明 (1つの質点の場合) ==