「キョンシー」の版間の差分

m
→‎概要: リンク再修正
m (→‎概要: リンク修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (→‎概要: リンク再修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[ミイラ]]のように乾燥した尸体は中国でも出土しているが、これは「{{読み仮名|乾屍|かんし、コンシー}}」と呼び、(妖怪としては)下位分類あるいは別種として区別される。{{Lang|zh-Hans|僵尸}}となると尸体であるにもかかわらず一切腐敗せずに生前同様にふっくらとしていて、髪の毛も長く生えている。性格は凶暴で血に飢えた人食い妖怪である。さらに長い年月がたつと、神通力を備えて、空を飛ぶ能力などももつとされる。[[清朝]]の野史である『[[述異記]]』も[[湖南省]]の村で出たという記録を残しているが、伝説の域を出ない。
 
中国湖南省西部よりの出稼ぎ人の遺体を[[道士]]が故郷へ搬送する手段として、呪術で歩かせたのが始まりという[[伝承]]があり、この方法を「{{読み仮名|趕屍|かんし}}」と称する。清の[[徐珂]]『清稗類鈔』方伎類<ref>[http://open-lit.com/book.php?bid=322&id=14897『清稗類鈔』方伎類]</ref>の「送尸術」では、[[貴州省]]の材木商人が林業従事者の死体を運ぶ際、先導する者と、加持符咒した水を満たした椀を持った者に付き従わせて家まで送るという<ref>[[久保田悠羅]]著『[[アンデッド]]』([[新紀元社刊]])</ref>。
 
文学作品としては[[明代]]から[[清代]]にかけて多くが存在するが、有名なもので清代の[[志怪小説]]で[[袁枚]]の『[[子不語]]』<ref>[http://yuzhi68.web.fc2.com/zibuyu.htm 『子不語』]</ref>に5巻「畫工畫僵屍<ref>{{cite wikisource|子不語/卷5#.E2.97.8B.E7.95.AB.E5.B7.A5.E7.95.AB.E5.83.B5.E5.B1.8D|袁枚|zh|nobullet=yes}}</ref><ref>僵尸