「きかんしゃトーマス関連商品」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
=== 玩具店扱いの現行の商品 ===
====トーマス木製レールシリーズ====
:1999年、木製玩具会社BRIO社が既発売の製品に追加する形で「BRIOトーマス木製シリーズ」を発売した。2001年ライセンス更新を行わずトーマスシリーズのみ販売を終了したが、その後1992年にBRIO社製品の後継商品を展開する目的でラーニング・カーブ社がシカゴに創立され、同じ年にトーマスのライセンスを取得し、当時社長であったロイ・ウィルソンがプロデュースのもと「トーマス木製レールシリーズ」の製造販売が開始された。2003年にRC2社に買収され、2011年にはRC2社がタカラトミーに買収され、2013年には製造、販売が[[マテル]]に移行しているが、ブランド名は一貫してトーマス木製レールシリーズで通している。塗装、製造技術の向上やテレビシリーズの模型からCGへの製作体制変更によるデザインの変更に伴い発売された商品は幾度とマイナーチェンジされたが、2018年にはこれコスト削減のためボディが短くなり一部未塗装で木の表面を露出させた、今までとは大幅に異なる、より木で作られていることが強調されたデザインへ変更された。本シリーズは木製品のぬくもりと素朴さに加え、TVキャラクターにとどまらず原作キャラクターまで商品化ている車両の多彩さ、レールも多数の種類があり、情景部品もソドー島ならではのものを多数発売。また特定エピソードを再現したテーマセットも何種類発売している。2歳から扱える安全性を優先し、また木製であるがゆえ翌2019年細かいパーツ省かれボディの造形は変更せずデザイン全体テレビシリーズに登場するキャラクター塗装されたデザインとは少し離れているものもあった。手押し製品以外電池を電源とする電動シリーズや機関室や前照灯が光るもの、テレビシリーズと同様に声がでで喋るものなどが追加発売再度変更された。電動車両は木製ではなく亜鉛合金製となっているが、それ以外は木製シリーズのままである
 
:本シリーズは木製品のぬくもりと素朴さに加え、TVキャラクターにとどまらず原作キャラクターまで商品化している車両の多彩さ、レールも多数の種類があり、情景部品もソドー島ならではのものを多数発売。また特定エピソードを再現したテーマセットも何種類か発売している。2歳から扱える安全性を優先し、また木製であるがゆえに細かいパーツは省かれ、デザインがテレビシリーズに登場するキャラクターデザインとは少し離れているものもあった。手押し製品以外に電池を電源とする電動シリーズや機関室や前照灯が光るもの、テレビシリーズと同様に声がでで喋るものなどが追加発売された。電動車両は木製ではなく亜鉛合金製となっているが、それ以外は木製シリーズのままである。
 
:トーマスの玩具としては後述の[[プラレール]]シリーズ同様、日本国内でも認知度の高い商品であり、2000年代前半はトーマスを扱うテレビ番組において本玩具が登場、使用される場合が頻繁にあった。
:2007年6月に中国で製造された一部の商品の塗装から基準値を超える鉛が検出され、世界中の取り扱い会社が対象商品の自主回収を発表した。同年9月には回収商品が追加された。
 
:日本では2009年から2012年頃までそれまでのソニー・クリエイティブ・プロダクツに代わって[[河田]]が輸入・販売していたが、2018年現在以降はマテルから販売されている。
 
==== プラレール きかんしゃトーマスシリーズ ====
 
==== ダイヤペット きかんしゃトーマス ====
:2018年よりから展開。[[アガツマ]]社から[[ミニカー (玩具)|ミニカー]]製品としてトーマス、パーシー、ジェームス、ヒロ、バーティーの5種が、アニーとクララベル、ゴードンを発売される。 人形劇シリーズの撮影使用モデルの約1/64スケール(半分のスケール)で製作され<ref>[https://hlj.co.jp/product/DAP31463 hobby link japan]</ref>、内側の[[シリンダー]]構造の再現など従来の玩具製品とは異なるリアル志向の製品である。
 
=== 過去の商品 ===
 
:メルクリン社の製品では、車両本体はOOゲージのホーンビィ製品を流用している。電気方式はメルクリン社伝統の交流三線式を採用しており、同社のデジタルシステムのデコーダーの搭載にも対応している。
 
:2019年夏より日本でも[[KATO]]より販売を開始。
 
=== Oゲージ ===
*アメリカの[[ライオネル]]社が商品化。
 
:アメリカ型の[[Oゲージ]]の縮尺は本来1/48スケールだがトーマスシリーズは不明。いわゆる[[Oスケール]]の鉄道模型とは一線を画し、[[鉄道模型#ティンプレート|ティンプレート]]の流れを汲む[[鉄道模型#交流方式|交流三線式]]のトイトレイン (玩具風の鉄道模型) である。トーマス、パーシー、ジェームス、いじわるディーゼルの4機関車とアニー、クララベル、トラブルサムが商品化されている。さらにライオネル社伝統の塗り替えバリエーションとして、アメリカ型の貨車にソドー島関連のロゴをいれて、無理やりトーマスシリーズに入れたものが数種ある。<!--いじわるディーゼルをベースにしたディーゼルの兄弟ハリーとバートの発売も予定されている。(まだ出ていないようです。)-->価格は高価格設定。
 
=== Gゲージ ===
 
:TV撮影用[[1番ゲージ]]モデルよりやや大きく、他の[[Gゲージ]]の機関車と並んで違和感の無いサイズとなっている。バックマンから発売された機関車はトーマス、パーシー、トビ―、ジェームス、エミリーのみで、他に客車と貨車が数種類単品で発売され、また機関車と貨車・客車のセットも発売している。価格はGゲージとしては廉価設定である。ライオネル社のものは1990年代前半にトーマスとアニーとクララベルのセット、ジェームスが発売されたが2001年に廃盤となった。このライオネル社製のトーマスモデルは2003年~2006年3月までの間「きかんしゃトーマス」を放映していた『[[ポンキッキーズ21]]』及び『ポンキッキーズ』のスタジオセット内で走行され、番組のライブイベントなどでもステージの端などに置かれる場合があった。
 
== その他模型 ==
===撮影模型レプリカ===
撮影プロップレプリカ製作販売を行う日本のCoolPropsが撮影模型を基に制作したトーマスとアニー、クララベルのレプリカを2019年以降発売予定。<ref>[http://www.coolprops.com/vintage/ Hornby CoolProps公式サイト]</ref>
 
== 脚注 ==
462

回編集