メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
=== 忠興に嫁ぐ ===
[[ファイル:Akechi jinja FUKUI.JPG|thumb|250x250px|細川ガラシャ生誕の地(明智神社([[福井市]])]]
[[永禄]]6年([[1563年]])、明智光秀と妻・[[妻木煕子|煕子]]の間に三女として産まれる。しかし次女説もあり{{Sfn|田端|2002|p=5152}}。[[越前国]]で生まれる。
 
[[天正]]6年([[1578年]])8月、父の主君・[[織田信長]]のすすめ発案によって[[細川幽斎|細川藤孝]]の[[嫡男]]・忠興に嫁いだ{{Sfn|田端|2002|p=5554}}。天正7年([[1579年]])には女が、同8年([[1580年]])の構想で家臣間の婚姻を統制しており、ここは[[長男]]([[細川忠隆]]、後主君長岡休無)命令による婚姻「主命婚」2人の間に生まれたと考えられる{{Sfn|田端|2002|p=54}}。
天正6年8月、青龍寺城に輿入れした(『細川家記』){{Sfn|田端|2002|p=56}}。
 
天正7年([[1579年]])には長女が、同8年([[1580年]])には[[長男]]([[細川忠隆]]、後の長岡休無)が2人の間に生まれた。
 
青龍寺城で2年を過ごした後、天正8年8月、夫忠興が丹後12万石を与えられたことから、丹後八幡山城、次いで宮津城に移る{{Sfn|田端|2002|p=56}}。
 
=== 本能寺の変 ===
しかし天正10年([[1582年]])6月、父の光秀が織田信長を[[本能寺]]で討って([[本能寺の変]])自らも[[山崎の戦い]]後に滅んだため、珠は「謀叛人の娘」となる。忠興は天正12年([[1584年]])まで彼女を[[丹後国]]の味土野(現在の[[京都府]][[京丹後市]][[弥栄町 (京丹後市)|弥栄町]])に隔離・幽閉(逆臣として狙われるのを防ぐため)する{{Sfn|田端|2002|p=56}}。この間の彼女を支えたのは、結婚する時に付けられた[[小侍従 (細川ガラシャの侍女)|小侍従]]や、細川家の親戚筋にあたる清原家の[[清原マリア]]([[公家]]・[[清原枝賢]]の娘)らの侍女達だった。
 
当時、離婚となると妻は里方に帰されるのが普通である。それをしなかったのは、明智家がすぐに滅んだという事情もあるが、明智家の「茶屋」があった味土野に送られたことから考えて、離婚はしなければならなかったが、忠興には珠への愛情が断ち切れなかったからではないかと指摘されている{{Sfn|田端|2002|p=57}}。その証拠として、幽閉時代に男子二人を含む何人もの子供を出産しており{{Sfn|田端|2002|p=57}}、珠を明智家の茶屋のある地に住まわせることで、形式上は送り返したことになるからである{{Sfn|田端|2002|p=57}}。
珠の幽閉先とされる場所であるが、丹後味土野の山中(現京丹後市弥栄町)に天正10年9月以降に幽閉されたことは史実である。しかし一方、「丹波史」には丹波味土野に珠が隠棲していたとの伝承「丹波味土野説」がある。この伝承が事実とすると、本能寺の変直後には、細川忠興は珠をまず明智領の丹波味土野屋敷に送り返し、明智が滅亡したのちに改めて細川領の丹後味土野に屋敷を作って珠を幽閉したとも考えられる。
 
=== キリシタンへ ===