「河添房江」の版間の差分

編集の要約なし
{{一次資料|date=2018年10月5日 (金) 17:38 (UTC)|ソートキー=人}}
'''河添 房江'''(かわぞえ ふさえ、[[1953年]][[10月15日]] - )は、古代・[[日本の中古文学史|中古文学]][[文学者|研究者]]。[[東京学芸大学]]教育学部名誉教授。[[一橋大学]]大学院[[言語社会研究科]]連携教授。[[博士(文学)]]。[[源氏物語]]を主に専攻。1996年より[[三田村雅子]]・松井健児と共に雑誌「源氏研究」を編集(2005年、10号で終刊)。父は河添邦太朗 (1922- ) で、工学博士、東大名誉教授<ref>『人事興信録』須賀淳の項目</ref>。夫・[[須賀英之]]は[[宇都宮共和大学]]・[[宇都宮短期大学]]学長。
 
== 学歴 ==
*2007年 [[一橋大学]]大学院[[言語社会研究科]]連携教授
*2009年 [[東京大学大学院人文社会系研究科・文学部|東京大学大学院人文社会系研究科]]兼任教授(~2012年、2014年~現在、多分野交流演習)
*2019年 定年退任、東京学芸大学名誉教授
 
== 著作 ==
匿名利用者