「中央ヨーロッパ時間」の版間の差分

スペインがUTC+1に変更したのは1940年のこと。
m
(スペインがUTC+1に変更したのは1940年のこと。)
 
|}
 
[[第二次世界大戦]]以前の1920年から1940年までの間は、[[リトアニア]]でも使われていた。戦時中に[[ドイツ]]が自国の占領した区域に導入させた後、[[フランス]]、[[ベルギー]]、[[オランダ]]、[[ルクセンブルク]]ではそれがそのまま残った。戦後、[[モナコ]]、[[スペイン内戦|内戦]]直後で国内が疲弊していたスペインは第二次世界大戦には参戦しなかったがドイツとの関係を重視した[[フラシスコ・フ]]、[[ジブンコ|フルタルンコ]]により1940年に、それまでの西ヨーロッパ時間から中央ヨーロッパ時間を導入したへと標準時が変更されスペインについては、[[カナリア諸島]]はUTCを採用、スペイン本土より1時間遅れ)、戦後には[[モナコ]]、[[アンドラ]]、[[ジブラルタル]]も中央ヨーロッパ時間を導入した
 
現在、中央ヨーロッパ時間を使用している国の中には、実際の経度が[[UTC+1]]のタイムゾーンから外れている国もあり、スペイン、フランスなどは、国土のほとんどが[[UTC+0]]のタイムゾーンにあたる経度に位置している。特にスペイン[[ガリシア州|ガリシア]]地方西部には、[[UTC-1]]のタイムゾーンにあたる経度に位置するところもある。
71

回編集