「高松藩」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|讃岐国の高松藩|美濃国の高松藩|美濃高松藩}}
[[画像:Takamatsu castle Tsukimiyagura.jpg|thumb|高松城月見櫓]]
'''高松藩'''(たかまつはん)は、[[江戸時代]]に[[讃岐国]](現在の[[香川県]])を領有した[[藩]]。[[生駒氏|生駒家]]の代は讃岐一国を領していたが、[[松平氏|松平家]]([[高松松平家]])の代になり半国の[[東讃]]地域を領した。藩庁は[[高松城 (讃岐国)|高松城]](現在の[[高松市]])。
 
== 藩史 ==
寛永18年([[1641年]])、西讃地域に[[山崎家治]]が入り[[丸亀藩]]が興った。
 
寛永19年([[1642年]])、東讃地域に[[常陸国]][[下館藩]]より[[徳川御三家|御三家]]の[[水戸徳川家]]初代藩主・[[徳川頼房]]の長男・[[松平頼重]]が12万石で入封し、東讃地域に高松藩が成立した。頼重は入封にあたり、[[江戸幕府|幕府]]より西国諸藩の動静を監察する役目を与えられたという。高松松平家は水戸徳川家の分家([[御連枝]])であるが、[[彦根藩]][[井伊家]]・[[会津松平家]]と共に代々[[江戸城]]の[[伺候席]]が溜詰(最も将軍の執務空間である「奥」に近い)であり、将軍の政治顧問を務める<ref>[[深井雅海]]『江戸城-本丸御殿と江戸幕府』([[中公新書]] 2008年)P24</ref>高い家格を有していた。
 
頼房は兄である[[尾張藩]]主・[[徳川義直|義直]]・[[紀州藩]]主・[[徳川頼宣|頼宣]]に先だって男子をもうけたことを憚って、長男の頼重ではなく三男の[[徳川光圀|光圀]]を[[水戸藩]]主に立てた。しかし、光圀は後嗣を頼重の子である[[徳川綱條|綱条]]に譲り、自身の子である[[松平頼常|頼常]]を高松藩主に据えた。松平氏は入封当初より、高松城下に水道を引き、灌漑用に溜池を造るなど、水利の悪い讃岐の地を整備した。また、塩田開発を奨励した。藩財政は江戸後期に至るまで比較的安定していたが、[[幕末]]には財政は逼迫した。
#[[松平頼聰|頼聰]]
 
=== 松平家時代の家臣 ===
=== 藩主一門 ===
* [[松平大膳家]] - 藩主一門。頼重の六男[[松平頼芳|頼芳]]の子の[[松平頼煕 (松平大膳家)|頼煕]]が初代。頼煕の子のうち[[松平頼桓|頼桓]]は4代藩主となり、頼桓の弟2人が大膳家当主から[[徳島藩]]主[[蜂須賀氏|蜂須賀家]]の養子に転出している。
* [[松平大膳家]]
 
== 家老 ==
=== 松平家時代 ===
* [[大久保主計家]] - 藩主頼重の実弟ともされる[[大久保公忠]]が初代。[[大老]]職を世襲。3000石。
 
*[[八幡和郎]]『江戸三〇〇藩 バカ殿と名君 うちの殿さまは偉かった?』[[光文社新書]]、[[2004年]] ISBN 978-4334032715
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Takamatsu Domain}}
* [[松平大膳家]]
 
{{s-start}}
[[Category:藩|たかまつ]]
[[Category:讃岐国の藩|たかまつ]]
[[Category:土田生駒|藩たかまつ]]
[[Category:高松松平家|藩]]
[[Category:香川県の歴史]]
匿名利用者