「五ケ山ダム」の版間の差分

</ref>。2017年時点でダム湖周囲の主要付替道路は完成している。
 
ダムは竣工したが、20182019106月現在、試験湛水でサーチャージ水位に達していないため利水はまだ供用開始されには至っていない。2019年2月14日からは渇水のため供用開始に先立って放流が行われており<ref>{{Cite web |author= |date=2019-02-12 |url=http://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/gokayama-houryuu.html|title=県管理「五ケ山ダム」において試験湛水中の貯留水の放流を実施します|website= |publisher=福岡県県土整備部河川管理課|accessdate=2019-07-10}}</ref>、試験湛水はさらに遅れる見通しである。利水開始後は[[福岡地区水道企業団]]が1万立米/日の取水予定である。なお、異常渇水時には福岡市水道局、[[福岡地区水道企業団]]、春日那珂川水道企業団が取水予定である。なお、流域の[[脊振ダム]]・[[南畑ダム]]からは福岡市水道局がそれぞれ6.5万・8.5万立米/日取水している<ref>{{Cite web|url=http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fukuokakennnosuido-28.html|title=平成28年度 福岡県の水道 - 福岡県庁ホームページ|accessdate=2018-10-14|website=www.pref.fukuoka.lg.jp|language=ja}}</ref>。
 
== 経緯 ==
401

回編集