「中国の宰相」の版間の差分

m
lk
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (lk)
表を見れば中国の中央行政機関が[[六卿|六官]]→[[三公]]→[[三省六部|三省]]→[[内閣]]→[[軍機処]]、と移り変わっていくのが分かる。特に三公の[[丞相]](秦、漢代)は権限が強く、まさに宰相の名に相応しい。三公が有名無実化したのちの三省では[[尚書省]]が最も重要で、『[[周礼]]』の天、地、春、夏、秋、冬の[[六卿|六官]]に淵源をもつ吏、戸、礼、兵、刑、工の6官庁(=[[六部]])を総覧した。
 
尚書省の長を[[尚書令]]といい<ref>日本では[[太政官]]が尚書省、太政大臣が[[尚書令]]に相当するとされた。</ref>、副官を[[僕射]](ぼくや)といった。[[唐]]代、[[太宗 (唐)|太宗]]が尚書令に就いてからは空席となり、左右僕射が尚書省の実質的長官となった<ref>日本では[[左大臣]]・[[右大臣]]が左右僕射に相当するとされた。[[大坂の陣#方広寺鐘銘事件|方広寺鐘銘事件]]で、当時右大臣だった[[徳川家康]]の事を「右僕射源朝臣」と鐘銘に書いた所、その語句に幕府が因縁をつけた逸話は有名である。</ref>。また各部の長官は[[尚書]]と呼ばれた。僕射はのちに丞相と改称され、尚書のうち文官の人事を統括する吏部尚書は冢宰(ちょうさい)と呼ばれた。尚書省の制は元代に廃止されるが、六部は中書省に属し、明代に中書省が廃されてのちは皇帝直属として清末まで続いた。
 
== 脚注 ==
37,682

回編集