「篠藤ゆり」の版間の差分

編集の要約なし
(+{{Normdaten}})
 
'''篠藤 ゆり'''(しのとう ゆり、[[1957年]] - )は、日本の[[小説家]]、文筆家。
 
==人物==
[[福岡県]]生まれ。本名・由里。[[国際基督教大学]]卒業後、[[コピーライター]]として[[広告代理店]]に勤務。退社後、世界各地を旅する生活を経て、[[1991年]]「ガンジーの空」で[[海燕新人文学賞]]受賞(篠藤由里の名)。以後、おもに旅と食のエッセイを雑誌等で執筆。また戯曲「どん底・桜貝篇」(新宿梁山泊版、梶原涼との共著)も執筆した。
 
==著書==
*旅する胃袋 アートン 2002.7 幻冬舎文庫、2012
*音よ、自由の使者よ。 イムジン河への前奏曲 アートン 2002.10
*食卓の迷宮 アートン 2004.10
*[[岡本太郎]] [[岡本敏子]]が語るはじめての太郎伝説(聞き手)アートン 2006.7
*『ルポ シニア婚活』([[幻冬舎新書]])2019
 
== 参考文献 ==
匿名利用者