「筒井城」の版間の差分

筒井城が築かれた時期については不明であるが、文献上の初見は『満済准后日記』に、[[大和永享の乱]]が始まった[[永享]]元年([[1429年]])で城主は[[筒井順覚]]。この時は「筒井館」と記載されている事もあった。その後、戦乱の世を生き延び居館から城郭へ発展していったのではないかと思われている。[[嘉吉]]元年([[1441年]])には城主は[[筒井順永]]にうつり、[[応仁の乱]]、戦国時代を通じて何度か筒井城をめぐる[[攻城戦]]が行われその[[史料]]も豊富に残されている。
 
応仁の乱は[[細川勝元]]を総大将とする東軍と、[[山名宗全]]が率いる西軍の争いであったが、[[河内国|河内]]ではそれ以前に[[畠山義就]]と[[畠山政長]]が分かれて争っており、これに大和の[[国人]]衆が真っ二つにかれ裂してそれぞれに加勢し、その流れに応仁の乱が巻き込まれていく。{{-}}
=== 第一次筒井城の戦い ===
{{battlebox|
|}}
[[ファイル:Tutuij5.jpg|thumb|left|250px|筒井城の案内看板]]
[[畠山氏]]の家督争いをめぐる大和国の諸士にも大きな影響を与える事になる。この争いに筒井順永は[[畠山政久|畠山弥三郎]]に与していたが、[[康正]]元年([[1455年]])7月2日に畠山義就軍は筒井城を攻城し、[[成身院光宣]]、筒井順永兄弟は防戦したが緒戦で敗北した。
 
しかし、筒井城そのものは持ちこたえた。この戦いで大和に点在する[[西大寺 (奈良市)|西大寺]]や[[興福寺]]等の寺院は脅え、同年8月10日には門を閉じてしまった。その事が原因となったのか、同日[[貝吹山城 (大和国)|貝吹山城]]にいた越智伊予守が出軍して、筒井城の攻囲軍に加わった。この頃箸尾氏、片岡氏は筒井氏の[[与力]]になっていて、[[箸尾城]]、[[片岡城]]を守っていたが、畠山義就、越智伊予守連合軍は多数によって、これらの城も攻城した。各所で戦闘となったようだが、8月19日に筒井城、箸尾城、片岡城は落城した。光宣、順永兄弟は[[福住城]]へ逃走していった。
| [[筒井順賢]] || [[筒井順興]] || [[筒井順昭]] || [[筒井順慶]]
|}{{-}}
 
== 城郭 ==
[[ファイル:Tutuij10.jpg|thumb|300px|筒井城の推定城郭部分/ {{国土航空写真}}]]