「皇室」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎戦後断絶した宮家: 当主の欄を修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
しかし、ウジ・カバネが制度化される以前の大王は、姓を有していたとされる。[[5世紀]]の[[倭の五王]]が、倭讃、倭済などと称したことが『[[宋書]]』倭国伝ないし文帝紀などに見え、当時の倭国王が「倭」姓を称していたことがわかる。このことから、[[宋 (南朝)|宋]]との冊封関係を結ぶ上で、[[ヤマト王権]]の王が姓を称する必要があったのだと考えられている<ref name="yoshida">吉田孝 『日本の誕生』 [[岩波書店]]<岩波新書>、1997、ISBN 4004305101</ref><ref>吉村武彦 「倭の五王の時代」 『古代史の基礎知識』 [[角川書店]]<角川選書>、2005、ISBN 4047033731</ref>。
 
また、『[[隋書]]』倭国伝に倭国王の姓を「阿毎」(あま、あめ)とする記述があり、[[7世紀]]初頭まで大王家が姓を有していたとする説もあるが、中国風の一字姓でないことから「阿毎」は姓でないとする説もある<ref name="yoshida"/>(ただし、中国にも2字姓がないわけではない……「諸葛氏」「司馬氏」など)。大王家の「倭」姓は、中国の[[冊封体制]]から離脱した5世紀末ないし、氏姓制度の形成が進んだ[[5世紀]]末から[[6世紀]]前半までの間に放棄されたとする説も提出されている<ref name="yoshida"/>。文献では、姓はアメ、字はタラシヒコと記述されているが、日本語では、「天垂らし彦」になり、天から垂れた(降りた)男子という意であり<sup>[[多利思比孤#cite%20note-8|[8]]][[多利思比孤#cite%20note-9|[9]]]</sup>、つまり「天孫」という意味になる。中国語では「[[天子]]」(『[[通典]]』では「天児」)がこれに当たるが、中国の天子とは意味が異なる<sup>[[多利思比孤#cite%20note-10|[10]]]</sup>。一方で、[[熊谷公男]]は『[[万葉集]]』の「天の原 振り放(さ)けみれば 大王の 御寿(みいのち)は長く '''天足らしたり'''」(巻二から一四七)の歌などを参考に、「天の満ち足りた男子」という意味の尊称と解釈している<sup>[[多利思比孤#cite%20note-11|[11]]]</sup>(この説は[[森田悌]]も支持している<sup>[[多利思比孤#cite%20note-12|[12]]]</sup>)。森田悌は[[邪馬台国]]の時代では、「天垂らし彦」の称号があったとは考えがたいとし<sup>[[多利思比孤#cite%20note-13|[13]]]</sup>、以後の時代に大陸思想の影響から芽生えたとみている<sup>[[多利思比孤#cite%20note-14|[14]]]</sup>(また、「天子」という語が反感を受けたのに対し、「天垂らし彦」の反応が低かったことに注目している)。王仲殊も阿毎多利思比孤は「天足彦(天の満ち足りた男子)」とした(天垂らし彦説もあると紹介した)上で、この語の中にはすでに「天子」「天皇」といった意味が含まれており、これは最初の国書で日中両国の君主を共に「天子」と称したため、中国側の不快感をあおったところから、それぞれ天子を「皇帝」と「天皇」と呼び変えて区別を示したとする<sup>[[多利思比孤#cite%20note-15|[15]]]</sup>。
 
吉田孝は、倭国が5世紀末に中国の冊封体制から離脱し、7世紀初頭の推古朝でも倭国王に冊封されなかったことが、大王=天皇が姓を持たず「姓」制度を超越し続けたことにつながったとしている<ref name="yoshida"/>。
202

回編集