「ケラトサウルス」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{生物分類表
|名称 = ケラトサウルス
 
|画像= [[ファイル:Ceratosaurus_mounted.jpg|250px|ケラトサウルス]]
|画像キャプション = ケラトサウルスの全身骨格
|地質時代 = [[ジュラ紀]]中期
|地質時代2 = 後期
|省略 = 恐竜上目
|目 = [[竜盤類|竜盤目]] {{sname||Saurischia}}
*''C. magnicornis'' {{AUY|Madsen & Welles|2000}}
}}
'''ケラトサウルス'''(''Ceratosaurus'')は、[[中生代]][[ジュラ紀]]中期から後期 (約1億5,300万年前~約1億4,800万年前) にかけての現[[北アメリカ大陸]]と現[[アフリカ大陸]]に生息していた[[獣脚類]]の[[恐竜]]の一種。[[竜盤類|竜盤目]] - 獣脚亜目 - [[ケラトサウルス科]]に属する。[[学名|属名]]は「[[角]]をもつトカゲ」を意味する{{Sfn|リチャードソン|2005|p=60}}。nasicornis種は北米で保存状態のよい化石が見つかっている模試種である。 ingns種は東アフリカ産で、dentisulcatus種及びmagnicornis種は共に北米産であり、いずれもnasicornis種よりも大型である。特にingns種は非常に大型だったことが推定されるも、化石が断片的であるため、ケラトサウルス属に含むことを疑問視する学説もある。
 
==形態==
匿名利用者