「持参金」の版間の差分

→‎ヨーロッパ: 内部リンク修正
(→‎アジア: タイ、曖昧さ回避)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎ヨーロッパ: 内部リンク修正)
 
* [[近世]]の王族の婚礼においては、男性側の家格が高いほど、持参金の額が大きくなる傾向にあった。持参金の内容は新郎新婦の両家で相談して決めた。規定された持参金が用意できない場合は結婚が破棄される理由ともなった。
: [[ポルトガル]]の[[キャサリン・オブ・ブラガンザ|カタリナ王女]]が、[[イングランド]]の[[チャールズ2世 (イングランド王)|チャールズ2世]]のもとに輿入れする際は、インドのボンベイ(現[[ムンバイ]])と[[北アフリカ]]の[[タンジェ|タンジール]]を持参金とした。
 
* [[イギリス]]では[[ヴィクトリア朝]]時代まで持参金の習慣があり、女性が両親から受け取る[[遺産]]の前払いという性質があった。夫婦が子なくして没すると、持参金は妻の実家に戻された。