「日産・リーフ」の版間の差分

:外観はメタル調フィニッシュの専用パーツが採用されたほか、フロントバンパーに専用ブルーのシグネチャーLEDが装備され、サイドシルやリアバンパーには「AUTECH」の特徴であるドッドパターンのフィニッシャーが施された。内装にはシート地にクリスタルスエードとレザレットが採用され、インストパネルには[[シタン|紫檀]]柄が施され、ダークグレー色をベースにブルーに光るパールがあしなわれた。
:グレード体系は「X」をベースにした「AUTECH」と、「e+ X」をベースにした「e+ AUTECH」の2グレードが設定される。
;2019年7月25日
:特別仕様車「X Vセレクション」が発売された<ref>{{Cite press release|title=「日産リーフ」に「X Vセレクション」を新設定|publisher=日産自動車株式会社|date=2019-07-25|url=https://newsroom.nissan-global.com/releases/190725-02-j?lang=ja-JP|accessdate=2019-07-25}}</ref>。
:40kWhモデルの「X」をベースに、プロパイロット、インテリジェント アラウンドビューモニター、インテリジェント ルームミラー、BSW、RCTA、インテリジェントLI、インテリジェントDA(ふらつき警報)、17インチタイヤ(215/50R17)&アルミホイール、電動パーキングブレーキ、ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)が特別装備された。なお、ベース車に設定されている「プロパイロット パーキング」のオプション選択が不可となる。
 
<gallery>