「サドンデス」の版間の差分

 
===ゴルフ===
[[ゴルフ]]の[[プレーオフ]]では、ホール数を決めずにストローク数に差がついたら終了とする形式をサドンデスと呼ぶ。[[テレビ]]中継の事情などにより導入された。[[PGAツアー]]と[[マスターズ・トーナメント]]では純粋なサドンデス方式を導入している。[[全米オープン (ゴルフ)|全米オープン]]、[[全米女子オープン]]、[[全米シニアオープン]]では2ホール、[[全英オープン (ゴルフ)|全英オープン]]は4ホール、[[全米プロゴルフ選手権]]と[[ザ・プレーヤーズ選手権|プレーヤーズ選手権]]では3ホールのストロークプレーを行い、それでもなお同点だった場合にサドンデスを行う。
 
もともとは[[マッチプレー]]における延長戦のルールとしてのもので、全ホールを終えて決着が付かなかった場合に行われ、1ホール勝利した側を勝者とする。
匿名利用者