「霊歌」の版間の差分

霊歌作曲者に脚注
(フィールドハラーに関する記事を追加しました。)
(霊歌作曲者に脚注)
== 概要:由来 ==
[[Image:Methodist camp meeting (1819 engraving).jpg|thumb|right|250px|[[メソジスト]]の野外礼拝(1819年)]]
霊歌は、西洋の[[賛美歌]]より広い意味で使われており<ref name="桜井">[https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/10970/1/ronso1090300010.pdf 黒人霊歌とその起源論争] 桜井雅人</ref>、霊歌を賛美歌に含める考えと、賛美歌としては取り扱わない考えとがある。黒人霊歌は「[[ゴスペル (音楽)|ゴスペル]]」よりも歴史が古い。作曲者としては、古くはイギリスの白人聖職者ドクター・アイザック・ワッツ<ref>「R&B・ソウルの世界」p.278</ref>や、後には「スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット」を作曲したWallis Willisらが知られている<ref>http://www.loc.gov/item/ihas.200197495/</ref>。黒人霊歌は南部在住者と、南部から[[シカゴ]]などの北部の都市部へ移住した者によって歌われた<ref>[https://kotobank.jp/word/%E9%BB%92%E4%BA%BA%E9%9C%8A%E6%AD%8C-64065 黒人霊歌 こくじんれいか black spirituals - コトバンク・ブリタニカ] および [https://kotobank.jp/word/%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0-64919#E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.E3.83.9E.E3.82.A4.E3.83.9A.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2 ゴスペル・ソング gospel song の(2)-コトバンク・ブリタニカ]。</ref>
 
霊歌は、新約聖書の「[[エフェソの信徒への手紙]]」(エペソ人への手紙)、「[[コロサイの信徒への手紙]]」(コロサイ人への手紙)にある「霊の歌」(spiritual song)に由来する。
582

回編集