「誘導結合プラズマ質量分析」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
===イオン化部===
トーチは[[石英]]製で三重管構造になっており、冷却ガス、補助ガス、キャリアガスの3種類のガスが流されてる。トーチの外側に巻かれた誘導コイルに[[高周波]](ラジオ波)を与えると、誘導結合プラズマが形成する。点灯は[[アーク放電]]によって行われる。
 
ICPはドーナツ型となっており、サンプルを含んだキャリアガスはプラズマ内に吸い込まれていく。導入されたエアロゾルはICP内で、原子化、イオン化される。
 
===コリジョンリアクションセル===
ICP-MSでは、目的のイオンとほぼ同じ質量数を持った別のイオン(干渉イオン)が副生成物としてできる。質量数がほぼ同じてるため、目的イオンと干渉イオンの質量ピークは重なってしまうため、目的イオンを正確に分析できなくなる。これを'''質量干渉'''と言う。'''コリジョンリアクションセル'''では[[ヘリウム]]などの不活性な分子との衝突や、[[水素]]や[[アンモニア]]などの反応性の高い分子との反応によって、干渉イオンを除去する。
 
コリジョンリアクションセルは、質量分解能がそれほど高くない四重極型の質量分析計を使う場合に用いられる。