「悪冠一色」の版間の差分

→‎概要: 追加
(→‎概要: 追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
[[2004年]]1月にヒールターンした[[望月成晃]]を迎えた際、その場でユニット名を悪冠一色と発表。その後、ロイヤル・ブラザーズだった[[菅原拓也]]に謀略を演じさせて招き入れ、総勢6名の大所帯ユニットとなる。悪冠一色は他のユニットと異なり、結成当初からリーダーを設けておらず、各メンバーが好き勝手に暴れる集団だった。だが徐々にメンバーが増え、今まで通りのやり方ではユニットが機能しないと考えた望月は「まとめ役」が必要だと主張。これに近藤が「あくまで悪冠にリーダーは必要ない」と反発してリーダー問題が勃発。近藤と望月の間に亀裂が生じた結果、リーダーの座を賭けて両者が戦うこととなり、勝った望月がリーダーに就任する。敗れた近藤も望月を認め、リーダー問題は終焉したと思われた。だが、望月の思考に同調するメンバーは1人もおらず、望月はその翌日に悪冠一色を追放される。望月追放後は闘龍門JAPANからDRAGON GATEの極悪ルードとして活動するも、リング外の素行不良と職務怠慢を理由に2004年末をもってメンバー全員が[[DRAGON GATE]]から解雇された。
解雇以降、元メンバーの望月成晃と袂を分かった事や、各選手がそれぞれ活動の場を移したことからDRAGON GATE20周年記念試合に至る15年間、メンバーのそろい踏みは果たされなかった。
 
[[2005年]]1月、悪冠一色は解散を発表。解雇後はメンバー各員、それぞれ新たな主戦場へと進んで行った。
 
[[2011年]]、大鷲透が無期限の休業(後2013年に[[高木三四郎]]こと高木規が社長を勤めるDDTプロレスリングに於いて本格的に現役復帰し、現在はフリーランスとしてDDTプロレスリングをメインに参戦。現在は、高木三四郎・[[平田一喜]]と共に3人組ユニット『T2ひー』を結成し活動中。)。
 
[[2019年]]、[[DRAGON GATE]]が闘龍門JAPAN時代から数えて20周年を迎えた事を受け、1月に解雇依頼およそ14年振りに[[近藤修司]]がDGマットに参戦。これに続く形で同じく14年振りに大鷲、長らく参戦していなかった菅原も参戦。そこに定期参戦しているブラザーを合わせ、解雇時の悪冠一色メンバーがDGマットに15年振りに集結。その後も[[アンソニー・W・森]]を巡って菅原が後楽園に参戦、神戸ワールド記念ホール大会には近藤と菅原が参戦した。
 
== メンバー ==
38

回編集