「ビル・タウィール」の版間の差分

編集の要約なし
この地域は[[砂漠]]地帯にあり、境界線はすべて直線で構成されている。北の境界線は[[北緯22度線]]であり、その長さは95kmにわたる。南の辺は Jabal Bartazuga (標高410m)と Jabal Hesmet 'Omar (標高570m)を結んでいる。
 
地域の北部には、タウィル山({{lang|ar|جبل طويل / Jabal Tawil}}、標高459m)、東部には {{lang|ar|Jabal Ḩajar az Zarqā'}}(標高662m)が聳える。また、地域の南部には[[ワジ]]・タウィール({{lang|ar|وادي طويل}} 、一名 Khawr Abū Bard)が流れている。
 
== 歴史 ==
ビル・タウィールの帰属は、[[ハラーイブ・トライアングル]]の帰属問題と不可分に結びついている。
 
エジプトとスーダンの国境線について、エジプト政府は1899年の境界線を主張し、スーダン政府は1902年の境界線を主張している。ハラーイブ・トライアングルを自国領とする境界線を採用すると、ビル・タウィールは自国領に含まれない。ビル・タウィールはハラーイブ・トライアングルのわずか10分の1の面積であり、ハラーイブ・トライアングルと比較して重要な土地であるないと考えられていないことから、両国ともハラーイブ・トライアングルを自国領とする境界線を主張し、その結果、ビル・タウィールの領有権は両国とも否認する形となっている。
 
また、ビル・タウィールには、エジプトかスーダンを通ってしかアクセスできないため、第三国がビル・タウィールを自国領土と宣言することは難しい。このため、ビル・タウィールは「いずれの国家によっても領土と主張されていない」地球上で稀な土地の一つとなっている。
400

回編集