「さめがめ」の版間の差分

 
==歴史==
森辺訓章(もりすけ)がルールを考案し、本人作のコンピュータゲームが「[[月刊ASCII]]投稿された。
[[1985年]][[11月]]号に「ChainShot!(もりすけ作[[富士通FM-8]]社製パソコンFM8用)」「ChainShot!(小日向敏行による[[PC-9800シリーズ]]移植版)」が掲載された。
 
その後、地道な移植作業を経て[[1992年]]に福本栄治(響人)が[[UNIX]]版(HIUXM版)「SAME GAME」をフリーウェアとして公開。
同年12月、吉岡わたる(W.Yossy)が[[PC9801]]版を公開したことを契機に、 [[草の根BBS]]を中心に日本各地に広がっていった。
 
[[1993年]]には[[Windows]]版が、[[1994年]]には高橋健(KEN Takahashi)による[[Macintosh]]版及び「まきがめ」、An More Night☆による[[FMTOWNS]]版「猿亀(さるがめ)」が公開された。[[1996年]]には「鮫亀」の名称で家庭用機にも移植された。
 
==外部リンク==
匿名利用者