「大久保利通」の版間の差分

→‎評価: リンクを追加
(暗殺事件に関する記述の誤りを訂正。)
(→‎評価: リンクを追加)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
**「世間には大久保公を目して圧政家のように思う者もあるようだが、それは甚だしい間違いである。大久保公は早くより立憲政体を主唱された有力な一人である」
* 長州閥の総帥である[[木戸孝允]]とは、維新後は政治的に対立することが多かったが、公人としては互いに認め合っていた。木戸は大久保に多くの不快を持ちながらも、政治家としての大久保については「大久保先生の人物には毫も間然するところこれ無く敬服つかまつり候」と評価し、大久保も参議を辞任した木戸の慰留に何度も努めるなど、政治的な同僚としての木戸を強く必要とした。
* [[松平春嶽]] 「大久保利通は、古今未曾有の英雄と申すべし。威望凛々霜の如く、徳望は自然に備へたり。力量に至っては、世界第一ならん。余が大久保をかくのごとく稱讃するは、他人の稱讃とは違へり。支那の談判、江藤の討伐、其の他公の事業に種々あれども、余の見る所は御維新也。(中略)日本全国の人心を鎮定して、その方向を定む。皆大久保一人の全国を維持するに依り、維新の功業は大久保を以て第一とするゆえなり。御一新の功労に、智勇仁あり。智勇は大久保、智仁は木戸、勇は西郷也。此の三人なくんば、如何に三条、岩倉の精心あるも貫徹せざるべし。大久保は豪傑なれども、どこ迄も朝廷を輔賛するの心ありて、倒れて止むの気象也。余の見る所にては大久保、木戸、西郷、[[広沢真臣|廣澤]]、この四人なくんば御一新は出来まじ」<ref>『逸事史補』</ref>
* [[後藤象二郎]] 「余は従来議論においては多く人に譲らぬ自信があった。ただ大久保という人に向っては、誠に議論の仕悪い困った人であると思うて閉口していた。大久保は弁説の滔々として爽かな人ではなかったが、しかし一度大久保と議論を上下するときは、丸で岩石にでもぶつかるような心地がして、実にこの人だけは、議論のしにくい人であった」<ref>『甲東逸話』近代デジタルライブラリー</ref>
*[[佐々木高行]] 「彼、椅子に凭れ、端然として事務を執る。同僚あるいは外国公使が試みに大久保を壓服せんと欲して、その室に入るや、彼『なんですか』と中音にて云う。来りし者はその威儀に打たれて贅語を発すること能はず、要談を了りてそうそう去るなり。その官房の煙草盆の清潔なりしは、人の長談せざりし証拠なり」<ref name="issho">『大久保利通之一生』近代デジタルライブラリー</ref>
227

回編集