「霊歌」の版間の差分

時には母のない子のように を新規記述、脚注も付加
(ノーバディ・ノウズに脚注出典)
タグ: 改良版モバイル編集
(時には母のない子のように を新規記述、脚注も付加)
タグ: 改良版モバイル編集
'''霊歌'''(れいか)、'''スピリチュアル'''(英: spiritual)は、[[アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史|アメリカの黒人奴隷]]に[[キリスト教]]が広まり、[[白人]]の讃美歌などの宗教歌、協会音楽、クラシック音楽と、[[アフリカ]]黒人の音楽的感性が融合して生まれた'''黒人霊歌'''を指す場合が多い。黒人霊歌よりもゴスペル音楽の方が、よりアフリカ黒人の音楽性が強く表現されている。黒人霊歌は'''黒人が関与した'''(と考えられる)'''宗教的な歌'''を指している。アメリカの霊歌には黒人霊歌以外に、[[プロテスタント]]の宗教歌を起源とする'''白人霊歌'''(ホワイト・スピリチュアル)があり<ref>[https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB-84667#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 スピリチュアル]</ref>、黒人霊歌・白人霊歌は英語の歌である。もう一つ[[ペンシルヴェニア・ダッチ]](ドイツ語方言)による霊歌などがある<ref name="桜井" />。
 
== 概要:由来 ==
「spiritual song」は、伝統的に教会で使われた[[詩編]]歌や[[賛美歌]]のテキストと区別するために、18~19世紀半ばの讃美歌集で使われた<ref name="桜井" />。これらは民謡ではなく、白人・黒人の区別もしていない<ref name="桜井" />。また19世紀初頭には、[[キャンプ・ミーティング|野外礼拝]]用讃美歌も「spiritual song」と呼ばれるようになった<ref name="桜井" />。
 
現在のように「spiritual」が、賛歌、黒人霊歌を指すようになったのは、明確にはわからないが[[南北戦争]]後のことであり、それまでは(それ以降もしばしば)、アンセム、賛美歌、霊歌、ジュビリー・ソング、奴隷の歌、奴隷小屋・プランテーションの歌、ゴスペル、ニグロ・メロディー、プランテーション讃美歌など様々に呼ばれた<ref name="桜井" />。1960年代には、黒人霊歌を指す言葉として、spiritualが一般的になった<ref name="桜井" />。歌集の標題にspiritual songではなくspiritualを用いた本は、ジョンソン兄弟の『アメリカ黒人霊歌集』(1925年)が最初である<ref name="桜井" />。
 
== 詳細 ==
== 黒人霊歌 ==
[[File:Fisk Jubilee Singers 1882.jpg|thumb|300px|[[フィスク・ジュビリー・シンガーズ]](1882年)]]
黒人霊歌は、[[アフリカ大陸]]から[[アメリカ大陸]]に強制連行され、[[奴隷]]状態に置かれた黒人たちから生まれた。生活の中で育まれ口頭で伝えられる歌、すなわち[[民謡]]であった<ref name="桜井" />。現在黒人霊歌と呼ばれるものはそれほど均質ではなく、黒人霊歌とそれ以外の一部の霊歌の区別は明瞭ではない<ref name="桜井" />。
 
現在黒人霊歌と呼ばれるものはそれほど均質ではなく、黒人霊歌とそれ以外の歌の区別は明瞭ではない<ref name="桜井" />。
 
歌集や[[アルバム]]には、奴隷制以後の芸術歌謡や[[ゴスペル]]と重複する歌もあり、「'''黒人が関与した(と考えられる)宗教的な歌'''」という共通点が読みとれる<ref name="桜井" />。名称が規定している民族性(アフロ・アメリカン)と宗教性(キリスト教)が共通する特徴として挙げられる。成立の時期・条件として奴隷制度を重視するなら、「奴隷の歌」または「[[プランテーション]]・ソング」の一種とされ、そのように呼ばれてきた<ref name="桜井" />。
黒人霊歌の起源は、アフリカ民謡を起源のひとつとする説、白人の民間宗教歌が黒人に影響を与えて発生したという白人音楽起源論などが、激しい論争を繰り広げてきたが、アフリカとアメリカ南部白人文化両方の影響があると考えられている<ref>[http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/17-2/RitsIILCS_17.2pp.149-165WELLS.pdf 歌はどこから - 黒人霊歌資料にアメリカの意識を追う - ] ウェルズ恵子</ref>。
 
黒人霊歌はかつて「Negro Spirituals(ニグロ・スピリチュアル)」と呼ばれていたが、黒人を指す「Negro(ニグロ)」という言葉に差別的な意味を持つようになった現在では、単に「Spirituals」あるいは、「African-American Spirituals」と呼ばれる。1930年代ごろにトーマス・ドーシーやブラインド・ウィリー・ジョンソン<ref>盲目のゴスペル・ブルース・シンガー</ref>らが登場したことで、霊歌の時代は終わり、「ゴスペル」の時代へと変わっていった
 
== 主なシンガー/グループ ==
}}
「黒人霊歌」
* 「時には母のない子のように」<ref>http://www.negrospirituals.com/songs/sometimes_i_fell.htm</ref>
* 「[[スウィング・ロー、スウィート・チャリオット]]」([[:en:Swing Low, Sweet Chariot|Swing Low, Sweet Chariot]])
* 「ノーバディ・ノウズ・ザ・トラブル・アイブ・シーン」<ref>http://www.loc.gov/item/ihas.200185372</ref>
* 「メアリー・ドント・ユー・ウィープ」」<ref>http://www.negrospirituals.com/</ref>
* 「マザーレス・チャイルド」
* 「メアリー・ドント・ユー・ウィープ」
* 「[[行け、モーセ]]」([[:en:Go Down Moses|Go Down Moses]])
* 「[[アメイジング・グレイス]]」([[:en:Amazing Grace|Amazing Grace]])
== 関連項目 ==
* [[スピリチュアル]]
* [[聖歌]] / [[ゴスペル (音楽)]] / [[讃美歌]] / [[聖歌]]
* [[労働歌]]
* [[ブラックミュージック]] / [[ブルース]] / [[ジャズ]]
* [[R&B]] / [[ソウル・ミュージック]]
* [[アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史]]
* [[アメリカ合衆国南部]]
582

回編集