「エアタクシー」の版間の差分

脚注の整理
(脚注の整理)
 
アメリカなどでは[[有視界飛行方式]] (VFR) の場合、特定の空域を除き[[飛行計画]]の通報の必要がなく、提出する場合でもオンラインで予定日の前日か数日前まで受け付けていることから利便性が高く、小型機によるエアタクシーが多く利用されている。
 
中小企業が多くチャーター便の運航など他の航空ビジネスも行っていることが多いが、[[ヴァージン・グループ]]は[[チャーター便]]を取り扱う子会社で、[[全日空]]ではビジネスジェットの運航ノウハウを有する[[双日]]と共同で[[ANAビジネスジェット]]を設立している。大手の子会社では定期便との乗り継ぎを想定したをプランを用意するなど、親会社との連携を売りにしたサービスを強みとしている<ref name=response307825>[https://response.jp/article/2018/03/28/307825.html{{Cite news|title=ホンダジェットで飛ぶ 日本からのビジネスジェット“エアタクシー”誕生…ANAと双日 | date=2018-03-28|newspaper=レスポンス(Response|author=中島みなみ|url=https://response.jp)]jp/article/2018/03/28/307825.html|accessdate=2019-08-07}}</ref>。
 
==利用形態==
滑走路の不要な[[ヘリコプター]]などの[[垂直離着陸機]]による運行もあり、離島や山間部への路線として利用されている他、ビルの屋上のヘリポートへ直接移動することも可能である。
 
操縦士の不要な自動操縦による運行も模索される<ref name="News:0">{{citationCite web|title=エアタクシーに向けたエアバスとボーイングの取り組み (2017年10月10日)|url=https://www.excite.co.jp/Newsnews/it_g/20171010article/Slashdot_17_10_10_0456249.html /|formatwebsite= エキサイトニュース|accessdate=2019-08-06|language=ja}}</ref>。
 
[[エアバス]]のヘリコプター部門は2017年10月3日に4人乗り[[マルチコプター]]である「CityAirbus」の推進システムのテストに成功した。CityAirbusは2018年初飛行、2023年の就航を目指している<ref name="News:0" />。
 
[[Uber]]は4人乗りで垂直離着陸が可能な[[電動航空機]]によるエアタクシー事業の実験を予定している<ref>[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/10/news091.html{{Cite news|title=“空飛ぶタクシー”「UberAIR」実現へ NASAと協力 |date=2017- 11-10|newspaper=ITmedia NEWS]|url=https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/10/news091.html|accessdate=2019-08-07}}</ref>。
 
[[ドイツ]]のスタートアップ企業である[[Lilium(リリウム)GmbH|Lilium(リリウム)]]は、2人乗りの[[電動航空機|電動]]垂直離着陸機の開発を行っており、2025年にはエアタクシー事業を開始すると発表している<ref>{{Cite news|title=ドイツLilium、世界初の電動型垂直着陸テスト飛行に成功:2025年には「空飛ぶタクシー」実現へ|date=2017-06-02|author=佐藤仁|newspaper=Lilium|url=https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20170602-00071638/|accessdate=2019-08-07}}</ref>。
 
== 脚注 ==
1,264

回編集