「コンパレータ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[電子工学]]における '''コンパレータ''' ('''comparator''') とは、二つの[[電圧]]または[[電流]]を比較し、どちらが大きいかで出力が切り替わる素子である。より一般に、二つの[[データ]]を比較する装置にも使われる用語である。
 
次の図のように、負帰還をかけていい標準、モデル的な[[オペアンプ]]に負帰還かけていない状態として、コンパレータとしは説明できる。実用的には、オペアンプの設計におい使うのような使われ方は想定されていないの通常ため、専用のICを使う<ref>https://www.analog.com/jp/analog-dialogue/raqs/raq-issue-11.html</ref>
 
[[Image:Op-amp symbol.svg|帰還経路の無いオペアンプはコンパレータである]]
現実のコンパレータの入力が絶縁されていないことからわかるように、コンパレータを「差動(バイポーラ)入力とロジック(0/''V''<sub>''cc''</sub>)出力を持つ素子である」と考えるのは間違っている。これは、電圧の差が出力に影響するだけでなく、それぞれの電圧が電源電圧の範囲を超えてはならないことを意味している(''V''<sub>''S''&minus;</sub> ≤ ''V''<sub>+</sub>,''V''<sub>&minus;</sub> ≤ ''V''<sub>''S''+</sub>)。TTL/CMOS 論理出力のコンパレータの場合は、負電圧の入力は許されない(0 ≤ ''V''<sub>+</sub>,''V''<sub>&minus;</sub> ≤ ''V''<sub>''cc''</sub>)。
 
ノイズの多い信号をしきい値と比較する場合、信号がしきい値をまたぐ時にコンパレータの状態が激しく変化することもある。これが望ましくなければ、[[シュミットトリガ]]状の特性を持つようにしたもの、すなわち、入出力に[[ヒステリシス]]を持たせた[[ヒステリシス]]コンパレータ([[シュミットトリガ]]とも呼ばれる)を構成することにより、きれいな出力信号を得られる。
 
== 注 ==
----
<references/>
* この記事は [[w:Federal Standard 1037C]](en) に基づく。
 
[[Category:電子部品|こんはれた]]