「松葉公園」の版間の差分

m
整理
m (→‎歴史: 歴史加筆)
m (整理)
[[1922年]]([[大正]]11年)[[7月5日]]、名古屋市は隣接5町村を含む区域を名古屋都市計画区域として定めた。次いで[[1926年]][[1月28日]]、同区域内を対象として「名古屋都市計画公園」と名付けた公園計画を策定したが、これは今後市街地の拡大とともに進展する区画整理事業に先がけて区域内に公園を設置し、緑地を確保することを目的とするものであり、このとき松葉公園は建設を予定する都市計画公園の25あるうちの1つとして位置付けられた(5号公園、面積5.94ha当時の名称は篠原)。
 
その後、[[19371933]](昭和128)[[2)12月23日]]、[[明仁|皇太子]](現在の[[上皇]][[明仁]](当時誕生し、全国の自治体に御内帑金<!--ごないどきん-->が分配された<ref name="中日新聞本社社会部p207"/>。皇太子殿下の御降誕祝福し記念することを目的として立てられ「小公園新設事業計画案」がめに、名古屋市は1934年(昭和9年)2月20日設置された皇太子殿下御降誕記念事業調査臨時委員会を設置し<ref name="名古屋の公園の100年p69">『名古屋の公園の100年』2010年、p. 69</ref>、10か所の公園を造成することを決定した<ref name="中日新聞本社社会部p207"/>。1937年(昭和12年)[[9月28日]]に名古屋市会で決され、予算が計上された。こ1937年から総事業費50万円3か年継続事業計画着手された10<ref name="名古屋の公園のなかに100年p69"/>。松葉公園、[[上名古屋公園]]、[[港北公園]]、[[児玉公園]]、[[小碓公園]]、[[大幸公園]]、[[道徳公園]]、[[白水公園]]、[[八熊公園]]の計9公園が含ま記念事業で建設さた(面積3ている。<ref name="名古屋の公園の100年p70">『名古屋の公園の100年』2010年、p. 70</ref>、<ref name="名古屋の公園の100年p29">『名古屋の公園の100年』2010年、p.24ha) 29</ref>。翌[[1938年]][[8月2日]]、篠原土地区画整理組合と四娘子土地区画整理組合から用地の寄付を受け、名古屋市による公園の建設工事が行われた。3年後の[[1941年]][[4月1日]]に公園が開園した。
 
なお計画された公園のうち、もっとも早く完成したのは松葉公園であるが、1937年度(昭和12年度)から1942年度(昭和17年度)までに他の8公園も相次いで完成している
 
1970年(昭和45年)6月20日、松葉公園内に[[名古屋市中川図書館]]が開館した<ref>名古屋市鶴舞中央図書館『名古屋市図書館年報 1971』名古屋市鶴舞中央図書館、1971年、p. 2</ref>。当時は中川図書館が中川区唯一の文化センターだったとされる<ref>『図書館なごや 名古屋市立図書館報』1971年、40号、p. 2</ref>。
 
== 関連項目 ==
1933年(昭和8年)12月23日には[[明仁|皇太子明仁]](当時)が誕生し、全国の自治体に御内帑金<!--ごないどきん-->が分配された<ref name="中日新聞本社社会部p207"/>。皇太子殿下の御降誕を祝福し記念するために、名古屋市は1934年(昭和9年)2月20日に皇太子殿下御降誕記念事業調査臨時委員会を設置し<ref name="名古屋の公園の100年p69">『名古屋の公園の100年』2010年、p. 69</ref>、10か所の公園を造成することを決定した<ref name="中日新聞本社社会部p207"/>。1937年(昭和12年)9月28日に名古屋市会で議決され、1937年から総事業費50万円の3か年継続事業で着手された<ref name="名古屋の公園の100年p69"/>。松葉公園、[[上名古屋公園]]、[[港北公園]]、〇〇公園、[[小碓公園]]、[[大幸公園]]、[[道徳公園]]、[[白水公園]]、[[八熊公園]]の計9公園が記念事業で建設されており<ref name="名古屋の公園の100年p70">『名古屋の公園の100年』2010年、p. 70</ref>、もっとも早く完成したのは松葉公園であるが、1937年度(昭和12年度)から1942年度(昭和17年度)までに他の8公園も相次いで完成している<ref name="名古屋の公園の100年p29">『名古屋の公園の100年』2010年、p. 29</ref>。
 
松葉公園の名称はかつてこの地域にあった松葉村に由来しており、園内には[[マツ]]の木も植えられている<ref name="中日新聞本社社会部p207">中日新聞本社社会部、1987年、p. 207</ref>。