「詩的で宗教的な調べ」の版間の差分

m
* 1834年 単独作品「詩的で宗教的な調べ」 S.154
** 曲集第3稿〈死者の追憶〉の原曲。曲の半分まで[[調号]]・[[拍子|拍子記号]]が書かれておらず主題も明らかでない、未[[解決]]のまま終結するなど、リスト晩年の様式を彷彿とさせる革新的な和声法をこの時期既に用いていたことは注目される<ref name="福田" /><ref name="Howard" />。
* 1845年 曲集「詩的で宗教的な調べ」第2稿(初稿) S.171d
** 保管されていたスケッチブックから発見され、2001年に出版された。第1曲に〈孤独の中の神の祝福〉の原形となる素材が見受けられるが、以降の稿に受け継がれていない曲が多い<ref>曲数、曲順、タイトル等が資料によって異なっており、不明な点が多い。</ref>。
* 1847年 曲集「詩的で宗教的な調べ」第2稿 S.172a
匿名利用者